お茶の間 (1) (ミスターマガジンKC (07))

著者 :
  • 講談社
3.69
  • (24)
  • (19)
  • (51)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063280074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「バタアシ金魚」の続編/社会人編です。ちまちましてるけど実はでっかい男・カオル。安全靴で息子にケリ入れるカオルのお父さんが最高です。

  • 望月峯太郎長編で一番好き

  • 「仕事」と「労働」の違いを教えてくれた、大好きなマンガ。バタアシ金魚の続編。
    望月 峯太郎のすべき「仕事」は、カオルくんのその後をちゃんと描き切ることだと思う。3巻の最後にある「第一部・完」の文字を信じて、未だに続編を期待しています。

  • バタアシ金魚の続編。大好きな漫画。

  • 数年に一度は読み返す名作
    社会の波にもまれる薫のあしたはどっちだ

  • 夢ばかり語ってられない社会人の葛藤を描いた作品。ソノコ君へ、水泳へ迷走しつつも突っ走るカオルは素敵です。

  • 小学生くらいの頃に、こっそり夜更かしして見たドラマで出会いました。

  • バタアシ金魚の続編。すごく面白かったのだけど、バタアシ金魚で登場人物にハマっていたおかげもあるかもしれない! 読むならバタアシ金魚から!!  こっちの大人なカオルも好きです。

  • バタアシ金魚の続。昔ドラマにもなったね!

  • 望月峯太郎作品はどれもクオリティ高いけど、私の好みは本作。

全19件中 1 - 10件を表示

望月峯太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
ハロルド 作石
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×