加治隆介の議 20 (ミスターマガジンKC)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063282306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 政治モノなんて普段あまり惹かれないけど、読んでるうちに面白くなってくる。
    エリートで男気と野心があって、当然女にもモテる。男の人はこーゆーのに憧れるのか…

  • 正論を貫く政治家の姿を通して、日本の政治に真正面から挑んだ力作。「課長・島耕作」より10000倍面白い。終盤は息切れが目立つが、まあ、ラストがびしっと書けるぐらいなら、作者本人が国会議員になりゃいい訳で…日本の現状がそんなに甘くはないということを改めて思い知らされてブルーになります

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『学生 島耕作』(イブニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)、コラム『人生相談 快答乱麻』(週刊朝日)を連載中。

加治隆介の議 20 (ミスターマガジンKC)のその他の作品

弘兼憲史の作品

ツイートする