オフィス北極星 1 (モーニングKC)

著者 : 真刈信二
制作 : 中山 昌亮 
  • 講談社 (1994年8月発売)
3.94
  • (7)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 43人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784063283778

オフィス北極星 1 (モーニングKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何か小学生の時モーニングで必ず読んでた。アメリカ訴訟社会が舞台だったんだけど、まぁ解らんわな、法律の事なんざ。でも登場人物の表情が一々大袈裟で反応が大仰で活き活きしていたのは本当解り易くて、それが面白かったんだな。
    高校生になって読んでみたら話も凄く面白くて、絵も話も面白いなんて最強じゃねぇかって思った。個人的には無償で診察し続ける裏町の医者の話が凄く好き。

  • 20年前、バブル真っ盛りで、日本が世界の経済大国だった時代の作品だと考えて読むと、一読の価値あり。強者のおごりにたいする戒めのようなものが読み取れる。

  • 全10巻。

  • 日本人リスクコンサルタントがニューヨークで活躍する漫画です。20年前の漫画とは思えない充実ぶり。

  • ニューヨークに住む主人公「ゴー」こと時田強士が、リスクコンサルタントとして訴訟社会アメリカの中で起こる様々な企業トラブルに直面し、解決していくストーリー。
    クライアントの多くは日本企業で、日本流の概念とアメリカの現状、考え方の違い・文化摩擦から生じたトラブルが多い。
    また登場人物の国籍や人種も様々で、文化と人種のるつぼアメリカの中で起こる衝突や誤解などを通じ、考えさせられる事も多い。
    今となっては日本も悪い意味でアメリカ的な訴訟社会・クレーム社会に移行しつつあるが、当時としては非常に新鮮な切り口だったし、いま読み返してこそ沁みる話もけっこうある。
    ゴーの周辺の人物もなかなか魅力的。個人的には、パートナーは初代のサムの方が好きだった。
    名作なんだけど……文庫化などの機会に恵まれてないのが解せない。

  • アメリカ訴訟社会を扱った異色漫画。キャラクターの造詣が素晴らしく、癖のある絵も巻が進むにつれ妙な味に。一読!

全6件中 1 - 6件を表示

オフィス北極星 1 (モーニングKC)のその他の作品

真刈信二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

オフィス北極星 1 (モーニングKC)はこんなマンガです

ツイートする