ジパング(2) (モーニング KC)

  • 講談社
3.44
  • (19)
  • (10)
  • (74)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 282
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063287325

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とりあえず二巻まで読了。思った以上に面白い。個人個人の感じ方や心情が非常に綿密に描写されていて、それが設定の練りこまれ方、展開の面白さと相俟って濃密な世界を作り出している。軍事系、歴史系のネタもかなり面白い。

  • モーニングKC

  • 1942年・ミッドウェー海戦域にタイムスリップした21世紀のイージス艦「みらい」の副長・角松は、歴史的に“死ぬ運命だった”謎の大日本帝国海軍少佐・草加を救命。そのまなざしに運命を感じた角松は、歴史の塗り替えを覚悟しながら、太平洋戦争の“真実”と“未来”を開示する!一方その頃、連合艦隊司令長官・山本五十六も、「みらい」の存在に気付きはじめていた……!(Amazon紹介より)

  • 売る前準備として登録→売りました

  • 現代の自衛隊イージス艦がWW2の時代に行ってしまったら。
    というタイムスリップ歴史IF物。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジパング(2) (モーニング KC)のその他の作品

かわぐちかいじの作品

ツイートする