ジパング(4) (モーニング KC)

  • 講談社
3.44
  • (16)
  • (12)
  • (72)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 285
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063287592

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 草加がついに未来ビジョン『ジパング』を口にする。
    そして、『この四人の生存を最優先』としたため、深町以下四名は至近距離での戦闘を経験する事になる。彼等が『敵ではない』としている米兵相手に。

  • モーニングKC

  • 1942年、ガダルカナル。大日本帝国軍の「惨敗の史実」を知る“未来人”の角松らは、泥沼回避を狙った上陸作戦「オペレーション・サジタリウス」を決行! 一方その頃、“未来を知る元・海軍将校”草加は、連合艦隊司令長官・山本五十六と、信じがたい極秘作戦を用意していた! “無条件降伏から始まる屈辱の戦後”を認めぬ草加には、角松たちの21世紀とは違う未来=「ジパング」が、見えていた――!!(Amazon紹介より)

  • 売る前準備として登録→売りました

  • 現代の自衛隊イージス艦がWW2の時代に行ってしまったら。
    というタイムスリップ歴史IF物。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かわぐちかいじの作品

ツイートする