検察官キソガワ 1 (モーニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063287653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ドーラク弁護士とコンビ組んだらおもしろそう

  • これはおもしろかったな!おまけページから作者のセンスの良さが伺える。他の作品も楽しみです。

  • 検察の仕組みを知りたかったので、まず漫画から入ってみようと選んだ。1巻の表紙は木曽川の顔のアップなのだが、これが何とも危ない感じで、おもしろさはあまり期待していなかった。しかしかなりいい出来で、刑事ドラマ好きの人でなくとも自信をもってお勧めできる。
    内容
    キソガワはもともと動物生態学者だったが、検事である恋人が犯人の逆恨みによって殺される。そして木曽川は彼女の信念だった「生まれながら悪人である人はいない」という言葉を胸に検事に転向する。1つの事件が3?5話くらいで構成されている。大体は普通の刑事ものの流れだが、元動物学者の設定が生かされていて飽きないし、木曽川さんの正義を貫く姿がかっこよすぎる。




    検察官に対しては興味を持てたので、今度は「日本の検察制度」というお堅い本を頑張って読みます。





















    <a href=http://demonoid.en.softonic.com/ >demonoid</a>

全3件中 1 - 3件を表示

鈴木あつむの作品

ツイートする