ジパング(8) (モーニング KC)

  • 講談社
3.37
  • (13)
  • (9)
  • (72)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 243
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063288322

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モーニングKC

  • 草加の暗殺計画から脱出した“ラストエンペラー”溥儀は、角松にかくまわれることに。大失態に憤る陸軍大将・梅津美治郎だが、関東軍の“謀反”を許すこととなり……。そして、更けゆく満州の夜。銃を携え、再会を果たした草加と角松は……!?本編のほか、外伝「至誠に悖るなかりしか」を同時収録!(Amazon紹介より)

  • 暗殺計画から脱出した“ラストエンペラー”を救い出し、かくまわれることに。
    主人公と草加の息詰まる直接対決があるなど、目が離せない。
    また、この巻では人間同士の心情がたくさん描かれている。

  • 売る前準備として登録→売りました

  • WW2架空戦記。
    溥儀の出てくる巻。
    思いっきり歴史が変わる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジパング(8) (モーニング KC)のその他の作品

かわぐちかいじの作品

ツイートする