ジパング(10) (モーニング KC)

  • 講談社
3.42
  • (14)
  • (11)
  • (67)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 261
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063288735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モーニングKC

  • 舞台は戦火の欧州へ。もうひとつの歴史を創るため、草加が欲するものは、独裁者ヒトラーの死。――帝国軍のアッツ、キスカ撤退作戦を成功させた「みらい」は、負傷した梅津に代えて、角松を艦長に頂く。その頃、地下潜行中の草加は、腹心・津田に同盟国の統帥=ヒトラー暗殺を指示。この極秘計画の後ろ盾は、やはり“あの人物”だった……!(Amazon紹介より)

  • 帝国軍のアッツ、キスカ撤退作戦を成功させた「みらい」は、負傷した梅津に代えて、角松をが艦長になる帝国軍のアッツ、キスカ撤退作戦を成功させた「みらい」は、負傷した梅津に代えて、角松を艦長に頂く。。
    舞台は欧州に移り津田大尉が主役となって話が進む。「A-26(キ77)」「「グラーフ・ツェペリン」などの話がでる。
    A-26は無給油で日本からドイツまで飛んだり、高高度まで飛べるなど、技術的に優れた機体。

  • 売る前準備として登録→売りました

  • 現代の自衛隊イージス艦がWW2の時代に行ってしまったら。
    というタイムスリップ歴史IF物。

  • ヒトラーが出てきました。かわぐちかいじの書く物語は美しい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かわぐちかいじの作品

ツイートする