ブラックジャックによろしく(5) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (49)
  • (49)
  • (197)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 744
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063288841

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第5巻のテーマはガン。
    ガンの因子は誰でももっている。それが、ガンという形で発症するか、発症しないまま別の病気で亡くなるかが異なる。
    ガンが発見された場合、告知はすべきかどうか。
    本人にはすべきか。家族にはすべきか。
    抗ガン剤の治療はすべきかどうか。

  • 斉藤は、NICUから小児科へと移ることになり、もっとも逼迫している医療現場の実態を知ることになります。そんな現場で、日々子どもたちと向き合い続けている指導医の安富の姿を見ることになります。

    次に斉藤は、ガン患者たちの治療に当たっている第4外科に移ります。そこで彼は、迫る死の苦しみに直面している患者たちに対してどのように接すればよいのかという、答えのない問いに悩まされることになります。

    ここで主人公が直面する問題は、2人に1人がガンに罹ると言われている今の日本では、誰にとってもけっして無縁ではありえないように思います。本作で著者は、主人公にどのような選択をさせることになるのか、続きが気になります。

  • 告知は考えさせられるよね

  • 電子書籍にて。面白い。

  • 小児科医療の危機的な状況と抗癌剤治療の問題を描いている巻。
    小児科医療については、今でもたとえば都の奨学金制度に、返済免除の条件にへき地医療従事と並んで小児科医療従事があることからも問題は今でも少なからずあるものと感じている。

  • 結局、あの新生児の親子の話は4巻で終わりだったのか。
    もう少し続きがあるのかな、と思っていたけど。
    今度は小児科に、癌に、どんどん複雑な事情になって行く。
    癌。最近亡くした一台目猫も舌の扁平上皮癌だった。
    告知された時は泣きまくった。その後、病院では何もしてくれなかったから自分で調べてフコイダンとか、霊芝とか、癌に効くと言われている物を試したけど、結局駄目だった。
    癌の特効薬、できないものか…

  • 今度はガン…やたら爽やかな医者のその奥にあるものは…

  • スマホアプリで無料で読める。

  • 2012 12/2読了。iPhoneの無料アプリで読んだ。
    5-13巻まで一気読み。感想は最後にまとめて。

  • 小児科医が人気がないというのは聞いたことがあったけど、その理由がよくわかった。子どもは自分の症状が説明できないし、医者を怖がる。親は不安で焦っていたり、待たされてイライラしたり。小児医療が充実して欲しいと心から思った。また、親になったら、なんでもかんでも病院へというだけではなく、柔軟に対応できるように子どもを少しでも理解できる親でありたいと思った。
    子どもが亡くなるというのは想像しただけで悲しい。知らない子でも、ほんとうにかわいそうに思える。救急車は呼んだが、搬送先がなく、亡くなってしまうなんて起きて欲しくない。病院数を減らして、ひとつの病院での医者の数を増やし、重篤な子にすみやかに対応できるようになってほしい。

全28件中 1 - 10件を表示

佐藤秀峰の作品

ブラックジャックによろしく(5) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×