ブラックジャックによろしく (8) (モーニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (70)
  • (53)
  • (165)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 720
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063289367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 医学とは何か。
    ある人は、病気を治すための学問だという。
    またある人は、死と向き合う学問だという。
    これは両者とも正しい。
    医療をほどこせば完治する場合、前者の解釈が医学であろう。しかし、医学は万能ではない。
    医学で治せない病のときは、患者が死と向き合うことに寄り添うのが医者であろう。
    専門分化した現代の医学では、前者の解釈を前提にした医療が多くなっている。
    しかし、高齢社会のいま、後者の医療こそ求められている。

  • 絶望の中にあった辻本がふたたび永大病院に戻ってきます。そして庄司も、斉藤の強い意志に触れたことで、ふたたび未承認薬の使用に踏み切ります。こうして辻本への抗がん剤投与が再開され、その中で彼女は、自分の人生と向き合うことになります。

    そしてラストは、庄司と宇佐美が新たに開設される緩和ケア科の立ち上げに参加することが決まります。

    この作品は、どちらかと言うと社会派的な視点が強く押し出されているような印象をもっていたのですが、今回はヒューマン・ドラマの性格の強い結末だったように思います。もちろん緩和ケアの充実は、この社会にとって重要な課題の一つでもありますが、一人の人間の命にまっすぐに向き合うことは、単なる医療制度を超えた問題へと踏み込んでいくことを医者に求めているのではないかと感じました。

  • 息子くん強いよ。
    素敵な家族だ。
    外科のギロ目教授かっくいー
    庄司先生かっくいー

  • 電子書籍にて。面白い。

  • メチャクチャ泣けます!
    めちゃくちゃ泣きました。
    ・°°・(>_<)・°°・。
    目玉が溶けてなくなりそうです;_;

  • 死に直面した患者と家族の関係。親は何を伝えなければならないか。子どもは、親の早すぎる死をどう受け止めることができるのか。
    本作では生活の一部しか見えてこないが、現実の厳しさは計り知れないものがあるのだと思う。

  • 癌で死んでいくお母さんの葛藤。

    本当に泣けます。

    お母さんが死ぬ前に子どもがわざと万引きして「何度でも謝るから死なないでよ」と言って、それを抱きしめるお母さんの姿に泣けました。

    「死」とは何かについて・・・
    そして、自分が死ぬ、ということについて深く考えさせられています。

  • 4063289362 244p 2004・2・23 1刷

  • 膵臓癌患者の辻元さんの最期を中心にした巻。

    こういう壮絶な精神の葛藤のシーンは、正直目をそらしたい。

    「生きるってなんだろう」
    この問と向き合う事は、普段自分達が逃げていること。
    もし、自分が癌になって、この事とじっくり向き合わなければいけないとしたら、生きる事から逃げたいと思う。
    でも、やっぱり生きたいのだろうか?

    答えは全員違うのかもしれない。

  • 泣いた…今回のは泣ける

全43件中 1 - 10件を表示

ブラックジャックによろしく (8) (モーニングKC)のその他の作品

佐藤秀峰の作品

ブラックジャックによろしく (8) (モーニングKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする