蒼天航路(31) (モーニング KC)

著者 :
制作 : 李 學仁 
  • 講談社
3.95
  • (31)
  • (14)
  • (35)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 204
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063289558

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は張遼の超人的活躍がカッコいい。
    天下は未だに三分されているが、時代の主役達が次々にいなくなり、跡を継ぐ者達が台頭する。
    昔から変わっていないことだけど、何か胸に感じるものがある。

  • 楽進、絶息。と魏国の太子が決まりいよいよ曹操の時代が終わろうとしている感じ。
    一方、蜀は一番ノリノリの時期と言ったところ。

  • イハギン/王欣太

  • ちょっと、話の動きがスローモーションになってきているのは、やっぱり曹操の死が近づいてきたからでしょうか?

    曹操の死で、この物語を閉じるとすると、けっこう中途で投げ出されてしまうエピソードも多いなぁと思います。

    でも、歴史の物語というのは、ある意味、そんなものかとも思います。

    うーむ。どこまで描くのがだろう?

  • 蒼天航路シリーズで実はこの巻の裏表紙(表4と言う)が一番好きだったりします。蒼天航路大好きです。最初はどうかなーと悩みながら読み始めたのですけど、話の面白さと画力の魅せ方に眼福。三国志ファンの方は是非ともこの漫画を読んでほしいなと思う。

  • 蒼天航路31巻
    私は曹操が「楽進――――」と
    心の中で言うあのシーンが
    今でも忘れられませんねw
    是非知らない貴方でも読んで
    みてください。

  • 熱い!
    情熱を失いかけた時は、いつもこのマンガを読みます。
    壮大な気宇、迸る烈しさは唯一無二。

  • 遼。
    来来。

    三国志はいろんな人が解説をしているのでここで云々は言いません。

    かっこいい…(ぽっ)。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

KING GONTA。大阪府生まれ。
1992年、アフタヌーン四季賞に応募した『HEAVEN』が四季大賞を受賞、そのまま同作品でデビュー。さらに続けて同誌で『地獄の家』を発表。
1994年、モーニングで『蒼天航路』(原案:李學仁)を連載開始。
1998年、同作品で第22回講談社漫画賞(一般部門)を受賞。
2005年、単行本全36巻をもって『蒼天航路』を堂々完結。
2006年、オールカラー『蒼天航路画伝』を刊行。
2007年より、活躍の舞台をインターネットへと広げ、『ファイアキング』を連載開始。
2012年、モーニングに連載していた『ReMember』が完結。
現在、最新作『達人伝』を漫画アクションで絶賛連載中。

「2014年 『蒼天航路 急「乱世の婚礼」編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蒼天航路(31) (モーニング KC)のその他の作品

王欣太の作品

ツイートする