働きマン(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (504)
  • (464)
  • (1259)
  • (32)
  • (9)
本棚登録 : 3660
レビュー : 568
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063289992

作品紹介・あらすじ

週刊『JIDAI』の女性編集者、松方弘子29歳元巨乳。寝食も忘れ、凄まじい勢いで仕事に没頭する彼女のニックネームは人呼んで『働きマン』。仕事人間の松方だけでなく、松方の周りで働く様々なタイプの人達の視線を通して、「働くとは何か」を問う! 2006年10月には、フジテレビでアニメ化。2007年10月には、日本テレビで菅野美穂主演でドラマ化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 基本的に一話完結で、松方さんを中心とする出版に関わるすべての人をフューチャーして描いている。
    販売の人の話とか地味に感動するよね・・・。

  • 登場人物が独白するところがイイね。

  • 働く人を描いた漫画。完結してないが、4巻の終わりで一つの区切りがあり、そこで完結でもそれほど違和感はなかった。現在休載中。主人公は出版社で働く20代後半の男勝りな女性。ただ回によっては、全く別の人物にスポットが当てられっぱなしで終わることもある。

    面白い、というより考えさせられる漫画ですね。仕事、休暇、私生活、恋愛、結婚、人間関係、どうバランスをとってそれぞれと接していけばいいのか、そんな常日頃悩み続けるテーマをまた少し考えてみようか、といった感じでした。

    「誰にでも代わりはいる。それは私達の仕事において誰でも同じことです。だから無理をしないで下さい。どうぞ体を大切に。あなたの出来ることをして下さい。」

  • てっきり表紙の女性の話なのかと思っていたら、彼女を中心には据えているけれど周囲の人間を主人公にしたオムニバス形式でした。

    「女の働きマン」
    メイン主人公の松方弘子の話。
    ガンガン仕事して私生活が若干いただけない感じになっていたけれど、最後の「仕事したなって思って死にたい」に激しく同意した今日この頃。

    「おいしいところを持ってきマン」
    松方の上司の話。
    傍から見ている分には好きなキャラだけれど、こういう飄々とした上司の下で働くのは楽しいのかイライラするのか…。

    「張り込みマン」
    マジ乙。

    「ラーメンマン」
    松方の同僚の話。
    一番強かな人だと思う。

    「あやまりマン」
    松方の彼氏の話。
    こういう性格だから松方と付き合っていけているのかなぁと思う反面、松方とずっと一緒にいるとコンプレックスを抱え込んでしまうんじゃないかなぁと思えました。職場が変わって何か変わるかしら。

    「振り向きマン」
    やっと取れた仕事が人の手に渡ったら悔しいに決まっている…!
    会社の都合とかそれが仕事とか確かにそうかもしれないけれど、そんなことが続いていたら心が折れる。仕事は仕事と割り切ってこなすことは大切だと思うし全てに全力投球すれば問題ないといえるのかもしれないけれど、生産者に情熱が無かったら消費者がついてこないと思うし全てに全力投球できる人間はそうはいないと思うのです。

    「お姫さマン」
    性別ってめんどくさくて悲しくて悔しい。
    結局、割り切れる人が割り切って我慢するしかないような気がする。
    野川さんはその芯の強さで割り切って仕事しているけれど、その強さをそんなところで使わなきゃいけないのが悔しい。

  • 菅野美穂主演のドラマは見ていましたが原作を読むのは始めて。
    働くことに勇気と元気をもらえるマンガでした。
    通読して心にしみたのは3巻のリスキー田中エピソード。
    田中本人がちゃんと熱い男だったことと、それ以上に熱い成田デスクの絡みに燃えました。
    いいな、情熱もってるサラリーマンって。

  • 「ハッピーマニア」ほど取り乱すこともなく、大人になった様子。リアリティをとらえる能力がズバ抜けていると思う。
    でもこの方の人間観はきびしい。

  • 1巻
    菅野美穂はハマり役。ドラマの方が見やすいかも。

  • ずーっと読みたかった本。
    一気に4冊大人買い。
    一気読み。

    やっぱり面白かった。
    けど、まだ続いているのね。

  • 買ったまま1年以上積んでた。
    友人から評判は聞いていたけどやはり面白い、けど分かりすぎてイタイやつ。
    続きはまた積んどこう。。。

  • この漫画があるのは知っていたのだけれど読まないまんまドラマ化されてそれでも何となく読まないまんま早数年。
    ふっと読みたくなって図書館で借りて読みました。

    (おそらく)仕事はできるのだけれど恋愛では引き気味になってしまう週刊誌編集者が主人公。
    それぞれの仕事への姿勢や思いが描かれていて面白いです。

    文芸担当はもしかしたら私もそうなっちゃうかもと思っちゃいました。
    人に悪いところも良いところも含めてズバッと言うのは難しい…。

    最後の女の子らしく振舞うは結構好きです。
    女性として男性と真っ向勝負せずのらりくらり働くのも方法ですね。

全568件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

働きマン(1) (モーニング KC)のその他の作品

安野モヨコの作品

働きマン(1) (モーニング KC)に関連する談話室の質問

働きマン(1) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする