ガンダム者―ガンダムを創った男たち

制作 : サンライズ  Web現代「ガンダム者」取材班 
  • 講談社
3.46
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063301816

作品紹介・あらすじ

1979年に放映された『機動戦士ガンダム』はひとつの世界と歴史を創り出し、それは今も拡大を続けている。破格の作品を創ったのはどんな男たちか。そしてなぜ創られたのか。本書ではメインスタッフ8名に合計49時間にわたる取材を行い、その誕生のドラマを明らかにする。星山博之氏による初公開「機動戦士ガンダム」原型企画書、「ザンボット3」「ダイターン3」企画書、美術、モビルスーツ、メカ原型デザイン、未登場キャラクターなど貴重資料も同時収録。史上最強の「ガンダム本」登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伝説的なアニメ、 (ファースト)ガンダムの制作に携わった人が、それぞれの視点で自分の経歴とガンダムの関わりについてインタビューに答えている。

    ガンダムというと冨野監督がクローズアップされることが多いが、それなりのポジションにそれなりの人が配置され、一種の化学反応的に作品ができてきたことがよくわかる。決して大きな会社ではないサンライズで、フリーの人が集まってできたガンダムという作品は、クリエイター全体が作り出した作品のような気がする。

    制作から20年近くたって、当時の様子を知るためにも、作品の振り返りとしては非常によいと思う。

  • サンライズの経営者のインタビューを読みました。非常に興味深いインタビューでした。興味を持った点を整理すると、以下のようになります。第1に、ガンダムのようなオリジナル路線は消極的選択だった。当時、漫画原作のアニメが主流だった。しかし、後発のサンライズには、漫画原作のアニメに参入する余地がなかった。そのため、ガンダムのようなオリジナルのアニメを選択せざる得なかった。第2に、サンライズは、スポンサーサイドの企業だった。多くのアニメにとって、視聴率こそが重要だった。そのため、子供にでも分かるストーリである必要があった。それに対して、サンライズは、プラモデル、玩具等を製作するスポンサーに向いていた。スポンサーが満足してくれれば、視聴率は気にしなかった。そのため、ガンダムのような子供が理解不可能な話でも大丈夫だった。第3に、虫プロの残党なので、製作部門ではなく、管理部門重視の会社である。虫プロは、製作重視、管理部門軽視で滅びた。その反省に立って、サンライズは、管理部門重視の会社になった。最後に、タンエースの失敗は、折込み済みだと主張しています。正直、この主張は、建前なのでしょうか、本音なのでしょうか。

  • 今まで、外から観ることでガンダムを知っていたが、内側から見ることのできる1冊である。クリエイター側からみた別視点は非常に興味深い!!

  • 2006年2月5日

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする