修羅の刻(7) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 : 川原正敏
  • 講談社 (1997年6月13日発売)
3.56
  • (9)
  • (11)
  • (32)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :214
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063335743

修羅の刻(7) (講談社コミックス月刊マガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 義経様かわいい

  • 読了。

  • 時は平安末期、貴族の時代から武士の時代へと変わる節目に現れる陸奥。
    全四巻構成という、とても外伝とは思えない長さです。
    当然平安末期と言えば源平合戦のまっただ中。
    頼朝、義経、そして弁慶。

  • 陸奥鬼一の章〜源義経編スタート。陸奥はその身の内の鬼で丈夫達を惹きつけるが、義経はその無垢な眼差しで丈夫達を魅了する。心優しく無力な義経の戦いは通常の修羅シリーズとは違った面白さも見せてくれます。

全4件中 1 - 4件を表示

修羅の刻(7) (講談社コミックス月刊マガジン)のその他の作品

川原正敏の作品

修羅の刻(7) (講談社コミックス月刊マガジン)はこんなマンガです

ツイートする