修羅の刻(8) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (12)
  • (11)
  • (32)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 260
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063335897

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 巻を増すごとに面白くなっていくなー

  • 読了。

  • 成長した義経は奥州を後にし、挙兵した兄頼朝の元へ向かう。
    富士川の戦いを経て、木曽義仲を京で打ち破り、次に目指すは一ノ谷の平家。どうも今回の「刻」は陸奥の出番が少ないです。

  • 修羅の刻の義経は、純粋で泣き虫な青年。
    そして陸奥鬼一、妹の静が義経を支えます。五条大橋の対決も今回は鬼一VS弁慶だったり、壇ノ浦で義経のライバルといえる教経と戦うのも鬼一だったり義経ファンとしてはちょっと寂しかったりします。
    あとは頼朝と政子の悪さはすごいです。梶原も!最近がちょっと良い人な頼朝を見かける事があったので久々にこういう頼朝が見れて良かったです(おい)
    七〜拾巻までが陸奥円明流外伝です。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

8月17日生まれ。広島県三原市出身。代表作に『修羅の門』『修羅の門 第弐門』『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』『海皇紀』がある。1990年、『修羅の門』で第14回講談社漫画賞受賞。趣味は草野球。現在月刊少年マガジンで『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』『修羅の刻』を連載中。

「2022年 『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(22)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川原正敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×