Q.E.D.証明終了(11) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (10)
  • (10)
  • (44)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 273
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063337969

作品紹介・あらすじ

MIT帰りの天才少年・燈馬×元気全開の女子高生・可奈。事件と謎が二人を待つ!! 新感覚ミステリー・コミック!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「水原さん 僕達は神様じゃない だから真実を知るときも受け入れるときも
    努力が…そして覚悟が必要だと思いますよ」(p38『寄る辺の海』

    15歳でMIT(マサチューセッツ工科大学)を首席卒業し日本の高校に入りなおした変り種燈馬想(とうま・そう)と運動神経抜群なお元気少女水原可奈との痛快ミステリ。
    ちなみに「QED」とは数学の証明用語で、燈馬が数学者でもあるためか、数学や物理など理数系の用語がやたら出てくるのも特徴です(ええ、半分以上わかりませんとも!・笑)
    徐々に進展していく燈馬と可奈の関係も見所。台詞は『Serial John Doe』と迷いましたが、謎を暴く探偵の性というか自戒としてこの台詞で。
    他にも『褪せた星図』『学園祭狂想曲』『凍てつく鉄槌』『夏休み事件』もオススメ!

  • 2011/12/01購入・2012/02/12読了

    「寄る辺の海」
    可奈の体力はバケモン(褒め言葉)

    「冬の動物園」
    少しオカルトチックだったのが意外で楽しかった。
    動物たちに追いかけられる可奈。

  • 理数系本格ミステリー
    「寄る辺の海」

    「冬の動物園」

  • 冬の動物園は無い方が良かったかも。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1997年から「マガジンGREAT」で『Q.E.D.-証明終了-』を、並行して2005年から「月刊少年マガジン」で『C.M.B.森羅博物館の事件目録』を連載。2015年4月発売「マガジンR」1号より『Q.E.D. iff―証明終了―』連載開始。2009年、第33回講談社漫画賞少年部門を受賞。

「2022年 『Q.E.D.iff -証明終了-(23)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤元浩の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×