沈黙の艦隊 1 (モーニングデラックス 1411)

  • 講談社
3.98
  • (28)
  • (11)
  • (25)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 121
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (669ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063344110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全11巻 完結

  • どえらい漫画だ。読んでよかった。

  • 「沈黙の艦隊」を読むと、背後にある読者の強い支持を感じる。展開といい、登場人物の言動といい、まるで荒唐無稽で、読者の支持がなければ許されないだろう。しかしそれが最高に面白い。突っ込みながらも目が離せなくなる。主人公・海江田四郎の演出する「茶番」に巻き込まれ、物語世界における「茶番」の観覧者に同化してしまう。
    ワイド版コミックスで全11巻の長編だが、一気読みの価値はある。名作。

  • 読んだのは大学生の時。
    連載ではなく単行本で読んでいた。
    当時はバブルが崩壊したり、55年体制が崩壊したりした時代。

    色々と考えさせられた作品だった。

  • スケールの大きい海軍ものです。男の世界の駆け引きがリアル。

  • 日本という国。ソナー探知音が響くたびゾクゾクします。

  • とりあえず「ハッタリ」好きなマンガ。言うには言うのだけど、その伏線を使わずじまいだったり。何を考えているのか分からない日本人像として世界を相手取った海江田は魅力的。

  • 核に頼らない平和、実現できるのか…考えさせられます。<br/>政治家の皆様にはこのくらい気概をもっていただきたい!

  • 世の政治に嫌気が差した時、なぜか読みたくなる本がこれ。信念の為、闘う政治家の姿に打たれます。

  • かわぐちかいじさんのマンガです。「ジパング」や「太陽の黙示録」なども有名ですが、僕はこの「沈黙の艦隊」が好きです。700頁×11巻ですのでかなりの分量ですが、一度読み始めると時間が経つのを忘れて読み耽ってしまいます。軍縮、国連の役割、国連軍、政軍分離、軍事力による世界保安システムなどなど。いろいろ考えさせられる本です。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かわぐちかいじの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×