ちょびっツ(7) (KCデラックス ヤングマガジン)

著者 : CLAMP
  • 講談社 (2002年9月27日発売)
3.31
  • (37)
  • (43)
  • (277)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :929
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063345995

ちょびっツ(7) (KCデラックス ヤングマガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “「そうじゃない 柚姫は柚姫だから
    確かに柚姫は楓姉さんに似せてつくった
    でもそれはぼくが考える姉さんで姉さんそのものじゃない
    どれだけ柚姫が姉さんに似てても柚姫と姉さんは違う存在なんだ」
    「私は...稔様のお役に立てていなかったんですね
    お姉様の代わりにとつくってくださったのに...」
    「最初は確かにそうだったよ
    でも誰も他の誰かの代わりになる事はできないって柚姫といて分かった
    そう 誰も姉さんの代わりになれない
    だから柚姫の代わりもいないんだよ」”

    こっちの二人も幸せになれそうで。
    物語か核心にせまる。
    驚きの展開。少しややこしくも納得できる。

    Thanks to H.R.

    “「フレイヤが消える前にフレイヤのココロをアタシの中へ
    アタシが守ってあげるフレイヤのココロを守ってあげる
    だから アタシの中に来て」”

  • 柚姫さんと稔くん本当好きなので、こういうかたちに収まってよかった。本当によかった。

    千歳さんの話が始まりまして、クライマックス感が。
    それにしてもジーマとディタの外見が逆じゃなくてよかったなあって思いました。パソコンだとしても好きな人のために頑張る子はかわいい。

    166ページは反則。いい子だよちぃは…

  • 個人的には、秀樹に選んで貰う時は、トランス状態のちぃに、じゃなくて、
    この時秀樹のために泥だらけになって花を掘るちぃに向かって、だったらいいなぁと
    感情的には思う。
    物語的には、盛り上がらないけど…。

    そしてすもものテンションはぜっこーちょーで、琴子は相変わらず振り回されっぱなしですね。

    三原さん一家の在りし日のしあわせは、とても温かかっただけに切ないけど、
    それでもなければ良かったとは思えない。
    人間はどれだけ辛くても自然に薄れていくけど、パソコンは消してもらわなければ辛いこともずっとそのまま、
    それだけでなく、他人の手で覚えておきたい記憶まで消去させられてしまう、自分の思い出さえ自由にならない」には考えさせられた。

    余談ですが、千歳さんがボロアパートの美人管理人なのも、
    旦那さんが、頑なに顔を見せないのも、名前が一郎なのも、
    「めぞん一○」へのオマージュですか?(笑)

  • 全巻所持。
    (mfc.稔/ディタ/ジーマ/エルダ)

  • 本当にちぃは可愛いなぁと思う。
    それと、私も人間型パソコン欲しいです。
    将来生まれるといいんですけど・・。

  • 国のパソコンだったのか…ジーマとディタ。助け合ってるんだね。素敵な関係だ(笑)

  • 色々な謎が解き明かされましたね。
    日比谷さんの夫が人型パソコンを作ったなんて予想外でしたねー(汗

  • 人口ロボットちっくだけどパソコンの恋?のはなし

  • いつのまにか自分にとって『ちぃ』がかけがえのない存在になっていることに気づいた秀樹。そして、ちぃのことを知りたいと本気で思い始める。
    そんな秀樹の気持ちを受けて、稔と小島は『Chobits』のことを調べ始めるが、謎の壁は厚い。
    国のデータバンクに侵入した柚姫は、ディタに排除された際にダメージを受けてしまい……!?

全13件中 1 - 10件を表示

ちょびっツ(7) (KCデラックス ヤングマガジン)のその他の作品

CLAMPの作品

ツイートする