石の花 1 (講談社コミックスデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.22
  • (5)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063346336

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「学問のすすめ」というポッドキャスト番組にゲスト出演していた作家の瀬名秀明が、印象に残る先生は?という質問にフンベルバルディンク先生を挙げたために興味を持ち読んでみる。

    恋愛とか友情とかそんなありきたりなテーマがちっぽけに思えるほど戦争に対する人間の心理考察は胸に突き刺さった。誰しもが戦争を嫌い平和を望むにも関わらず、他人を優越し上回ろうとする精神は人を戦争へと駆きたてる。クリロとイザークの悩みはよくわかる。
    勧善懲悪のストーリーを期待するならば読後にすっきりしないモヤモヤが残るだろう。しかし何かを考えさせられるのが良い本の定義だとすれば本作は文句なく素晴らしい。そう、フンベルバルディンク先生の答えのないナゾ掛けのように。

    坂口先生はどんなきっかけで当時情報の少ないユーゴに興味を持ち、(おそらく)膨大な取材、勉強を重ねこの作品を完成させたのだろうか。今となっては知る由もないが早世されたことが残念でならない。

    この作品が日本で日のあたらない場所にあることももったいないことだけれど、日本だけにとどまっていることも惜しいことだと思う。世界中の人間が読み、考え、議論されるべき作品だ。

    スロベニアの鍾乳洞、死ぬまでに行ってみたい場所がまた一つ増えた。

  • ナチス・ドイツに占領されたユーゴスラビアの人々の抵抗を描く。多民族、多言語、多宗教の複雑な国家であるユーゴスラビアは国内にお互いの不満がありナチスに占領されても折に触れそれが吹き出てくる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

坂口尚(さかぐち ひさし)
1946年5月5日生まれ。高校在学中の1963年に虫プロダクションへ入社。アニメーション作品『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』等で動画、原画、演出を担当。その後フリーとなり、1969年、漫画雑誌「COM」誌に『おさらばしろ!』で漫画家としてデビュー。以後多くの短編作品を発表。アニメーションの制作にも断続的に携わり、24時間テレビのスペシャルアニメ「100万年地球の旅 バンダーブック」「フウムーン」等で、作画監督、設定デザイン、演出を担当。1980~82年、代表作の一つとなる『12色物語』を執筆。1983~95年にわたって、長編3部作となる『石の花』『VERSION』『あっかんべェ一休』を発表。1995年12月22日逝去。1996年、日本漫画家協会賞 優秀賞を受賞。

「2019年 『坂口尚 トム=ソーヤーの冒険』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×