HGT版 あしたのジョー(1) (KCデラックス)

著者 :
制作 : 高森 朝雄 
  • 講談社
3.83
  • (8)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063347012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全20巻 完結

  • 久しぶりに読んだけど、時代を感じるなぁ…最近の漫画の傾向として戦い方がねちっこく描かれるのが普通なので、あっさりと話が進んでいたんだなぁ。覚えていたイメージよりも力石が太りすぎな気もしますな。

  • ひじを左わきから離さない心構えでやや内角をねらいえぐり込むようにして打つべし!

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2007/04/post_67a9.html" target="_blank">2007年4月30日</A>

  • ごく最近、旭川ラーメンの店で読んだ。力石の命がジョーの中で甦り、金を劇的なノックアウトで退けたシーンに再び熱いものを感じた。

  • 燃えかすなんか残りやしない

  • めっちゃ泣いた。しあわせってなんだろう。燃え尽きるってなんだろう。何のために生きてどうやって終わればいいのだろう。

  • ジョーの繰り出す拳がハートに届くかのような熱いマンガ。これも不滅の名作。

  • ボクシング漫画の金字塔です。ホセ戦のジョーの目の描写はちば先生も二度と書けないとコメントしてますが、凄まじい物を感じさせます。まさに生きている目です。

  • 名作。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ちばてつや(ちば・てつや)1939年東京生まれ。漫画家。

「2015年 『戦後70年 わたしの戦争体験』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちばてつやの作品

ツイートする