BECK(21) (KCデラックス)

  • 講談社
3.67
  • (37)
  • (25)
  • (76)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 380
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063349597

作品紹介・あらすじ

果てしなく続く、穏やかで退屈な中学生活。それは、いつまでも変わらないはずだった――あいつに出会うまでは……。

単身ロンドンに渡った川久保の尽力によって、UKナンバー1のインディーズ・レーベル、ナフ・レコードとの契約が無事成功! レコーディング費用の援助を受けることになったBECKは、悲願のフルアルバム制作に乗り出す。 強力なサポートがついた今こそ、発展途上のBECKにとって次なるステージへ進むための正念場‥‥。――今までの借りをキッチリ耳をそろえて返そうぜ――!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • と思いきや・・・

  • 人の成長って不思議なもので、右肩上がりにはならないよな。

    階段のように一気に成長します。

    そして停滞する。

    停滞の間の貯金が大事です。

  • 読み残した巻。
    イギリスのナフ・レコードとの契約が、ついに成立します。
    真帆に変質者扱いされ、ひどいあしらいを受けても、怒らず契約をしてくれたナフ・レコードの担当者の心の広さ。

    日本では、ラスト・フォー・ライフレコードの元社員、山ピーが、悩みぬいた末に川久保に次いで会社を辞めて、再び川久保と一緒にBECKを支えてくれることになりました。

    BECKのライブを観た蘭は、彼らの実力を知り、震撼します。
    そして「サポートするか、芽を摘むか」の二択では、後者を選ぶと改めて誓います。

    以前、ダイブリのツアービデオを撮影したジム・ウォルシュが、来日することになりました。
    また不思議な縁で、彼とBECKは再会することになるのですが、それはまだ先の話です。

  • 読了

  • こんな面白い音楽マンガ見たことない!

  • **

  • 最近、私の中で一番のHit漫画!
    主人公がどんどん隠されていた才能を開花させていって、音楽で人を引き寄せていく魅力がたまらなく好きですvv

  • 音が聞こえないというマンガ最大の弱点を、逆に利点にしてしまった恐るべきマンガ。

  • 月マガで読んでいるぶん衝撃はないけど、ここまできたら今更やめられないマンガ。コユキ達も周りの大人もみんないい人で、安心して読んでられる。BECKよ、早くブレイクしてくれ。

  • 読んだ後はメチャクチャやる気出る。もちろん全巻持ってますが、全く飽きません。むしろ新刊を楽しみにしてます。そういう漫画ってなかなか無いです。オススメ!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ハロルド 作石(ハロルド さくいし)
1969年生まれ、愛知県春日井市出身。1987年、第17回ちばてつや賞優秀新人賞を受賞。(『そうはいかん』作石智祥名義)。1990年、『ゴリラーマン』で第14回(平成2年度)講談社漫画賞一般部門受賞。2002年、『BECK』で第26回(平成14年度)講談社漫画賞少年部門を受賞し、テレビアニメ・映画化される。その他代表作に『ストッパー毒島』『RiN』、そして『7人のシェイクスピア』がある。

BECK(21) (KCデラックス)のその他の作品

ハロルド作石の作品

ツイートする