賭博黙示録カイジ(1) (ヤングマガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
4.02
  • (314)
  • (164)
  • (276)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 1563
レビュー : 184
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063366082

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学生時代食い入るように読んだ記憶があります。
    今読むと中々話が進まなくて疲れますね(笑)
    カイジがすっきり勝ってくれないし。

    でも元はベンツに傷をつけて憂さ晴らししてるような男なんだけど、突然情に熱い男になるのはよく考えたら変だ。

  • 〜13巻:2016-04-1

  • 1996年のヤングマガジン掲載…とは思えないし、色褪せないですね。今見ても斬新。
    いろいろ突っ込みどころはあるのかもしれないけど、今後どうなるのか楽しみな展開です。
    ざわざわ。

  • 何かで入院した時に、病院にあったので読んだ漫画。ハラハラの演出が上手すぎて胃痛がしたのを覚えてる。

  • 読んだー\(^o^)/
    ちゃんと読んだことがなかったので読んだ。名言多い。

  • 「限定ジャンケン」「電流鉄骨渡り」「Eカード」――。前代未聞の方法でくりひろげられる人間総力戦、修羅場勝負の数々。これがギャンブルだ!

    おまえたちは、負け続けてきたから、貧窮し、ウジウジと、人生の底辺を、這って這って這って、這っているのだ……!限定ジャンケン……!限定と聞いて、すぐ、ある予感が走った。この勝負、運否天賦じゃない。おそらくは愚図が堕ちていく。勝つのは、智略走り、他人出し抜ける者……!

  •  作品解説:おまえたちは、負け続けてきたから、貧窮し、ウジウジと、人生の底辺を、這って這って這って、這っているのだ……! 限定ジャンケン……! 限定と聞いて、すぐ、ある予感が走った。この勝負、運否天賦じゃない。おそらくは愚図が堕ちていく。勝つのは、智略走り、他人出し抜ける者……!

     2005年現在第三部まで続いていますが、全体を通してのテーマは「極限状態」の一言に尽きます。絶対に負けられないギャンブル、そこで繰り広げられる腹の探り合い、「裏の裏のそのまた裏の更に裏」をとって勝利するカイジの思考にメロメロになること間違いなしです。
     ざわ……ざわ……ざわ……

  • 何度読んでも面白い。

  • 届かないゴールにうんざりしてるんだ
    おまえから覇気を吸い取る 真っ直ぐな気持ちを殺していく

  • ざわ・・・ざわ・・・!
    福本先生の新境地、ピリピリと張り詰める緊張感とどんでん返しが続く怒涛の展開に目が離せません!

全184件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年、『よろしく純情大将』でデビュー。代表作は『賭博黙示録カイジ』、『天』、『銀と金』、『最強伝説 黒沢』、『賭博覇王伝 零』など多数。現在、『賭博堕天録カイジ 和也編』、『アカギ』を連載中。

「2012年 『賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

賭博黙示録カイジ(1) (ヤングマガジンコミックス)のその他の作品

賭博黙示録 カイジ 1 Kindle版 賭博黙示録 カイジ 1 福本伸行

福本伸行の作品

賭博黙示録カイジ(1) (ヤングマガジンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする