代紋TAKE2(28) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
制作 : 木内 一雅 
  • 講談社
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063366341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリアスな抗争の中、石田の叔父貴のオナニーに吹いてしまった

  • 福永との再会を心の底から喜ぶ秋山。
    ここにきて、福永を生かしておいたことが、さらなる丈二の幸運に繋がっていきそうだ。
     
    江原の命令で動いた小松たちに、全滅寸前まで追い込まれた丈二。
    アキラはマジで死にそうだし、絶対絶命すぎるっ!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年、山梨県生まれ。東京経済大学コミュニケーション学部教授。専攻は現代文化論、コミュニケーション論。著書に『ライフスタイルとアイデンティティ』『アイデンティティの音楽』、監修に『コミュニケーション・スタディーズ』(いずれも世界思想社)など。担当:「はじめに」「文章表現の基礎」「消費」「食」。

「2013年 『「文化系」学生のレポート・卒論術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

代紋TAKE2(28) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

渡辺潤の作品

ツイートする