賭博黙示録カイジ(3) (ヤングマガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
3.69
  • (31)
  • (24)
  • (63)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 443
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063366402

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オレなんだ 肝心なのはいつも オレがやると決めてやる ただそれだけだ

  • 面白い。が、(ひとつの説明が)なかなか長くて、全てを理解して読むには疲れる感じ(もちろん適度に流す)。
    次巻がとても楽しみな流れ。ジャンケン後がどうなるのかも含めて新たな展開に期待する。

  • グーを買い占めたカイジたちと、パーを買い占めた北見たち。
     
    博打は熱くなったら8割、9割負け・・・
    まったく、そのとおり。

  • 限定ジャンケンの中盤です。
    勝負における駆け引き、論理展開が、とてもしっかりとしていて面白いです。
    これだけの人気を得ているのも、納得の出来。この感想を書いている現在の本編とは違い、過剰な危機感で盛り上げるのではなく、ひりひりとした、本当の「勝負の緊張感」だけで盛り上げている点は、手放しで賞賛する他ありません。

  • ☆を目の前に突きつけられてのあの回答はすごい!

    最終結果が気になる!

  • カイジの推理力スゲエ!!手に汗を握る展開。

  • カイジvs北見戦がアツイ。アカギもそうだったけど心理戦がおもしろいですね。

  • 福本伸行

  • グーパー頂上決戦の決着。
    そして残り時間が減っていく緊張感がたまらない。

  • 醜い。。

  • おもしろい…んだけど、読んでる時の緊張感の重くるしさがハンパない!こういうのは一気読みしたほうがいいんだろうなあ。疲れそうだけど。


  • 人間の卑劣さやエグさって恐ろしい・・!お金コワイ!!
    カイジの泣き顔は素敵ですね。

  • 生死を賭けたじゃんけん大会第3巻。カイジってできる奴なのか、できない奴なのか、よくわからない不思議な人間?(゜_。)?。だから、船に乗ってるのか(◎o◎;)

全14件中 1 - 14件を表示

著者プロフィール

1980年、『よろしく純情大将』でデビュー。代表作は『賭博黙示録カイジ』、『天』、『銀と金』、『最強伝説 黒沢』、『賭博覇王伝 零』など多数。現在、『賭博堕天録カイジ 和也編』、『アカギ』を連載中。

「2012年 『賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

賭博黙示録カイジ(3) (ヤングマガジンコミックス)のその他の作品

賭博黙示録 カイジ 3 Kindle版 賭博黙示録 カイジ 3 福本伸行

福本伸行の作品

ツイートする