代紋TAKE2(36) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
制作 : 木内 一雅 
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063367386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 陰惨な話が続いた後にタイムスリップネタでほのぼの、これこそ代紋TAKE2ですね

  • 死ぬ間際、なんかの奇跡で三瓶と刺し違えたサトシ。
    丈二やアキラのように生き返ることはなかったな・・・
     
    親しみあるキャラが死んでしまうと、その回想シーンも悲しくて仕方ない。
     
    あとは、タイムスリッパーする前に、土下座させられた関ちゃんの話。
    丈二は、苦労したこと、侮辱されたこと結構忘れてないな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年、山梨県生まれ。東京経済大学コミュニケーション学部教授。専攻は現代文化論、コミュニケーション論。著書に『ライフスタイルとアイデンティティ』『アイデンティティの音楽』、監修に『コミュニケーション・スタディーズ』(いずれも世界思想社)など。担当:「はじめに」「文章表現の基礎」「消費」「食」。

「2013年 『「文化系」学生のレポート・卒論術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

代紋TAKE2(36) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

渡辺潤の作品

ツイートする