一緒に遭難したいひと 2 (ワイドKC)

著者 :
  • 講談社
3.84
  • (38)
  • (26)
  • (58)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 251
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063375626

作品紹介・あらすじ

数々の良作を誇る西村ワールド。その中でもベストキャラ”キリ&マキ”が綴るVery Happy”ほよよん系”LOVE♪

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常がしんどくなったとき、私が読む本のうちの、一冊。
    癒される。
    キリエがのほほんマキちゃんに癒されるように、不安定な生活を真面目に送ってる自由業人二人に癒される。
    友達と泊まりあいっこや、早朝Aコープで発泡水買ってたり、ささいなやりとりに癒される。
    こんな何もない物語をひたすら楽しみにさせてしまう作家は西村しのぶくらいなものかもしれない。
    ⚫︎てづくりせっけん
    ⚫︎台湾式お茶
    ⚫︎有馬温泉日帰り
    ⚫︎リサイクルショップ
    ⚫︎手書きの原稿

    こんな普通のことが面白い

  • 一緒に遭難したい人

     気持ちが軽くなるものが読みたくて手に取った漫画です。
     タイトルが面白そうで。

     バブルまっさかりの時代に、女二人で、お金ないけど、愛嬌と度胸で楽しく生きてる・・・そんなお話です。

     今の時代から見ると、それこそおとぎ話に感じるかもしれませんが、この二人の性格がいいというか、貧乏楽しみながらも、ゴージャスに生きてる相反することが調和している感が、決して嫌な女にならず、楽しく読めました。

     男に奢ってもらったり甘えたりすることがあっても、相手の仕事や人生を振り回したりしない、妙な潔さがあるからかもしれません。
     スタイルいい人同士は、服の貸し借りができていいなぁーって素朴に羨ましく思ったり、お金が入ると、ぱあっと使うといっても、世話になってる人に対して使うっていうのがいいなって思ったりしました。

  • 違う出版社から続きが出るとは思っていなかった。
    まさかの嬉しい第二巻。

    公務員と文筆家(苦笑)の恋。
    ほのぼの。

  • 080520 ネットにて購入
    1よりもくだけた感じになっていた。キリちゃんがぼけ度アップ。1のほうが好きかなー。
    でもゆるい読み心地で◎
    それにしてもマキちゃんはステキだ。

  • この人の漫画は、ストーリー漫画というより、ライフスタイルを見てるような…。女子達の快活なおしゃべりみてるだけでも楽しい。そして可笑しい。なかなか掲載されないのが玉にキズ…。

  • 西村しのぶ作品の中では一番まっとうなカップルか…?キリエと絵衣子のびんぼっぷりが泣かせる(笑い泣き)

  • キレイな大人の女な二人。でもオシャレさんなのかガサツなのか実は紙一重?って気もしますが、楽しく生きてる感がいいな〜

  • 。■よく煽りとかで「甲斐性の無い二人」的な書かれ方してますが、甲斐性ないかなぁー?甲斐性=生活能力じゃないのかとよく思うのですが、この二人自分達の力で生活してるし、周囲も幸せにしてるから、甲斐性あるんじゃないか?と思ったりしました。

  • 西村しのぶちゃんお得意の、
    ?ぽわーんとした+自由なコ
    ?しっかりしゃっきりお姉さん
    の2人組が見ていてうふうふしちゃいます。マキちゃんもすごくイイんだけどね。やっぱね。女子が見てて楽しいよね。

  • 目指せ!キリエ&エイコ!!私の目指したい女性像かな。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

5月25日生まれ。兵庫県宝塚市出身。代表作は『サード・ガール』『ライン』『一緒に遭難したいひと』など。

「2008年 『一緒に遭難したいひと(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村しのぶの作品

ツイートする