アラビア猫のゴルム(1) (ワイドKC)

  • 講談社
3.37
  • (5)
  • (13)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 161
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063377187

作品紹介・あらすじ

2010年マンガ界を席巻した「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリが、デジキスで連載しているネコショート“ゴルム”がついに単行本化!
シリアに滞在中に出会い、その後、イタリア、ポルトガルと共に暮らした愛猫ゴルムの目を通して描いた人間界やヤマザキさん一家の日常。
ヤマザキマリファンはもちろんのこと、ネコ好きにもたまらないかわいさ! デジキスにも引き続き連載中です!!

2010年マンガ界を席巻した「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリが、デジキスで連載しているネコショート“ゴルム”がついに単行本化!シリアに滞在中に出会い、その後、イタリア、ポルトガルと共に暮らした愛猫ゴルムの目を通して描いた人間界やヤマザキさん一家の日常。ヤマザキマリファンはもちろんのこと、ネコ好きにもたまらないかわいさ! デジキスにも引き続き連載中です!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国境も人種も超えて、ヤマザキさんの側で
    ただただ愛おしいゴルムちゃんと、
    ヤマザキさんの目線の優しさ。
    そしてもちろんの安定した面白さ♡

    お耳とお耳の間が狭くなるのが大人の印。
    歴史が深く、いろんな情勢を抱えるシリア。
    巡り会うということの温かさを感じる
    ステキな出逢いのお話でした。

  • 2012-9-29

  • 写真のゴルムが、可愛すぎる。トラちゃんと呼ばれてたのに、あの作品から、ゴルムになったのね。作者の想像だろう、ゴルムの視点描写も無理がなくてそうかもなーと思える範囲だったのでよかったかな。
    オオカミの檻に挟まれていた熟女猫ペルシャのモモについてももう少し読みたかったかな?タイトルからははなれちゃうけど。

  • 野良アラビア子猫がヤマザキ先生のお宅に飼われるまで。猫の視点が秀逸。

  • 55点

  • 赤トラ猫ちゃんが、とても可愛い☆でも、ゴルムとは…。

  • 猫好きだからといってどんな猫マンガでも好きかといったらそういうわけではない。
    ただ見た目が可愛く描いてさえすればおもしろいというわけではないのだ。
    ゴルムは見た目ももちろん可愛いが、これは猫の視点から見た人間観察マンガでもある。
    なのでゴルムは存在がなかなか人間くさい。

    そういうのが好きなんだと思う。
    あと、お尻ふりふりの時の顔が秀逸。あんな顔するよね、猫って。

  • ネコ飼いたくなる。

  • こっちではスメアゴルはゴラム、なんだけど、イタリーはゴラムなんかな

  • 日常のおもしろエッセイ漫画として、猫から見た漫画にしてみましたという所か。こっちもまぁいいんだけど、「それではさっそくブオナベイート」「モーレツ!イタリア家族」の続刊も希望です。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ヤマザキマリ(やまざきまり)
1967年、東京生まれ。東京造形大学客員教授。84年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。2010年『テルマエ・ロマエ』(エンターブレイン)で第3回マンガ大賞受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。15年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。17年イタリア共和国星勲章受章。イタリア人の夫と世界各国で暮らした経験を持ち、通常は1年のうち半分はイタリア・パドヴァで過ごす。近著に『たちどまって考える』(中公新書ラクレ)がある。

「2021年 『未成熟な日本人(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤマザキ・マリの作品

ツイートする
×