神は細部に宿るのよ(3) (ワイドKC)

著者 :
  • 講談社
3.96
  • (16)
  • (37)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063377743

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • めくってすぐのカラー話。
    ものすごく…この道を通っている、という気分に。

    服卸に関しては、この意見にはまったく同意できません。
    何せ着る服がなくて買ってきているものですから
    次の日には即卸です!
    ただ…買ったはいいものの
    そう着てない服、あります。
    そして中ごろにある女性グループ。
    あれはもしかしなくても…ですね?w

    黒のタートルネックは皮膚。
    これはものすごく納得です!
    着ておくと安心する。
    しかし1枚だと微妙な気がする、分かります!

    ところでジーンズをいつ洗濯するの話ですが
    じゃぁパジャマは?
    毎日なのか、何日かにいっぺん、なのか。
    これも気になる所です。

  • 巻頭カラーでギクっときた軍隊色30代です…嗚呼SUZUTAN…。

    1巻はちょっとネタ的にも絵的にも辛い部分があったけど、2巻で爆発、3巻は面白さ安定期。オススメ。

  • 着眼点とこじつけエピソードが天才的。

  • オシャレの川下に住む、あまりオシャレではない人々の被服生活を、
    著者と周りの人々の体験をもとに綴ったコミックエッセイ。
    1・2・3巻

    「あるある」感満載!おもしろい。

  • そうなんだよねー!って頷きながら、みんな苦労してるよね?!って共感者を増やしたくなるー。

    オシャレって難しい……っ!

  • 安定感の面白さ。分かる!ある、ある!と思ってしまう私もオシャレの川下の住人(笑)服おろしの話が特にツボだったww

  • 反ピンク派の私ですがカラーページ4コマが身にしみますゴクリ…

    相変わらず思い当たるネタが多すぎてとても辛いのですが、現在の私のファッションは柄に柄を合わせる攻撃服なので流行りなんか気にしないのさ(笑)そして1番の収穫はティアードフリルエプロンかもしれない…

  • 頷いてしまう所が多々…(笑)

  • 私もオシャレの川下在住なので、毎回楽しませてもらってます。

  • カラー1ページ目の漫画があまりに身に覚えがありすぎてすでに心が痛い(笑 

著者プロフィール

投稿、持ち込みを経て2000年2月新書館ウィングス誌掲載「NO GIRL,NO LIFE!」でデビュー。自身の体験をもとに描いたエッセイコミック「暴れん坊本屋さん」(ウィングス&ウンポコで連載中)で大ブレイク!
「私の血はインクでできているのよ」(KC Kiss)が大好評発売中。
現在Kissで「神は細部に宿るのよ」を連載中。

「2011年 『神は細部に宿るのよ(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神は細部に宿るのよ(3) (ワイドKC)のその他の作品

久世番子の作品

ツイートする