マンガ家再入門(1) (ワイドKC)

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063378511

作品紹介・あらすじ

『クマのプー太郎』などの作品で、‘80年代の「不条理ギャグブーム」を牽引してきた漫画家・中川いさみ。デビュー30年を迎えたベテラン作家が目指すのは、ストーリー漫画家としての再デビュー。今年で五十ウン歳、「天命を知った」男がモガき、モダえるさまを追った完全ドキュメント漫画がはじまった!! そんな男を指導するため、大友克洋、松本大洋、ちばてつや、弘兼憲史、諸星大二郎など、そうそうたるメンツが大集結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マンガ家さんの、マンガ家さんへのインタビューマンガw。
    マンガ家さんへのインタビューというのは最近いろいろありますが、
    現役のマンガ家である中川いさみさんが、自分のステップアップのために
    同業のマンガ家さんにアドバイスを聞いて回るというコンセプトが斬新。
    中川さんももう50代半ばだそうですから、すごいことだと思います。
    ジャンルが違うとは言え、同業ならではの「言えないこと」
    「言いたくない事」もいろいろありそうですし…(^^;。
    中川さんが見事に描き上げられたストーリーマンガを拝読したいです!

  • 「漫画ってあんまり意外性を追求してはいけないんです」
    「本当にあった話をだいたい、ちょっとこー⋯、「つまらなくしていく」ってゆーことが多いですね。わーっておぼえてることってけっこー漫画にしちゃうと、漫画っぽすぎるんですよ」
    「「死」は人間にとって最大のイベントですからね」
    「自身が転写されて完全にその人の根幹が写っていながら現実ともわたり合っているのがうまいと思う絵ですね」

  • 大物漫画家達に取材してレクチャーを受ける本。ただインタビューで終わるのではなく最後は作品として残しているのが良い。

  • 各著名漫画家の創作姿勢が伺えて面白いのですが、中川いさみの面白さは出ていません。同じ企画ならニコルソンの方が密度も熱量も高い。

  • 企画自体の発想が面白いですね。第一線でマンガを描いている人にインタビューをしており、プロの考えの一端が分かったような気がしました。

  • ギャグマンガ家中川いさみ氏がストーリーマンガを描くまで?

    いろんな人たち(ストーリーマンガ家とは限らない)に聞いたストーリーマンガの描き方が面白くてためになる。何人の方の話が出るのか。そしてどんな話ができるのかな。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1962年生まれ。蟹座。1985年にデビューし、主に不条理ギャグ漫画を手がけ人気を博す。代表作に『クマのプー太郎』、『大人袋』など。『ストラト!』全4巻、『ネッコロCOMIC』、(以上、小学館)が好評発売中。

「2016年 『マンガ家再入門(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川いさみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×