のだめカンタービレ(6) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (321)
  • (175)
  • (977)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 2999
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063404388

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20060514:読了

  • 音楽家の生態が一目瞭然?!

  • 長野で一緒に演奏した三木清良の提案でアマチュアオーケストラをやることにした千秋。音楽の仲間も増え始め、海外に行きたいという思いに駆られる千秋。
    大爆笑の青春クラシックコメディー6巻目。

  • 大好きな作品です。
    音楽を題材にした漫画は少ないから大好きです。

  • 抱腹絶倒間違いなしっ!ピアノがやりたくなりましたよあたしゃぁ。

  • せっかくピアノの才能があるのに、なかなかそれを生かす道を見つけられないのだめがもどかしいです。

  • バレンタインのチョコを渡すシーン・・・爆笑です。

  • ぎゃぼ

  • メフィスト・ワルツ、エルガーのバイオリンソナタ、

  • 千秋真一の家族が見れる!そしてのだめとの競演。

全97件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

二ノ宮 知子(にのみや ともこ)
1969年生まれ、埼玉県出身の漫画家。
1989年、『外国ロマンDX』(角川書店)に掲載の「London ダウト・ボーイズ」でデビュー。以後、『ヤングロゼ』(角川書店)、『Kiss』(講談社)などに作品を発表する。2001年に連載開始した「のだめカンタービレ」がヒット。で2004年第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。テレビドラマ化・アニメ化・映画化された代表作となり、クラシック音楽を一般に広める役割も果たした。

のだめカンタービレ(6) (KC KISS)のその他の作品

二ノ宮知子の作品

ツイートする