のだめカンタービレ(6) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (321)
  • (175)
  • (977)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 2999
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063404388

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「街の居酒屋出て踊り」がよかった。千秋先輩素敵。

  • 2012/11/06
    【好き】漫画整理のため再読。

  • (2012.03.25読了)(2012.03.25借入)
    Lesson29~Lesson34

    千秋たちは、卒業の時期が近づいてきました。
    クラシック・ライフには、学園祭での千秋の演奏が大きく取り上げて掲載されていました。執筆者は、佐久間学です。
    卒業する人たちの間から新しいオーケストラ結成の話が持ち上がってきています。
    船や飛行機にトラウマのある千秋は大学院に進むのだそうです。
    千秋の叔父から呼び出しがかかり、どういうわけかのだめ同行で、母の実家に帰ります。これまで何度も試みられたらしい、精神科の治療を受けさせられますが、トラウマは治りそうもありません。叔父からの今後の支援の約束を取り付けて帰ります。

    リスト、メフィスト・ワルツ第1番、「村の居酒屋での踊り」
    アンドレ・ジョリベ、concerto for percussion
    エルガー、ヴァイオリン・ソナタ
    (2012年3月25日・記)

  • テレビドラマ化から入りました
    すっかりハマっちゃいましたね~
    映画化にもなり「のだめ」を知らない人はいないでしょうね
    キャラクターもコミックと映像とピッタリだと思いませんか?

  • 購入済み

  • 実家

  • のだめの先生がハリセンにかわったということは、作者も、のだめの課題に正面から取り組んでいこうということですねぇ。

    これは、かなり期待大です。

  • 私が「のだめカンタービレ」を買うきっかけになった本です。

    だって!!
    のだめがホルン吹いてるんだよ!?
    これは買わなきゃ(*^_^*)

  • のだめと千秋が一緒に演奏するシーンがいつも好きだなぁ・・・と。

  • 面白すぎます!!

著者プロフィール

二ノ宮 知子(にのみや ともこ)
1969年生まれ、埼玉県出身の漫画家。
1989年、『外国ロマンDX』(角川書店)に掲載の「London ダウト・ボーイズ」でデビュー。以後、『ヤングロゼ』(角川書店)、『Kiss』(講談社)などに作品を発表する。2001年に連載開始した「のだめカンタービレ」がヒット。で2004年第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。テレビドラマ化・アニメ化・映画化された代表作となり、クラシック音楽を一般に広める役割も果たした。

のだめカンタービレ(6) (KC KISS)のその他の作品

二ノ宮知子の作品

ツイートする