のだめカンタービレ(9) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.59
  • (358)
  • (162)
  • (950)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 2972
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063404883

作品紹介・あらすじ

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • 国内編終了。のだめコンクール今一歩及ばず。福岡大川でバックハグ。

  • 講談社コミックスキス

  • ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調 作品57「熱情」#坪井隆二
    モーツァルト ピアノ・ソナタ第8番イ短調K.310(300d)#のだめ
    シューマン ピアノ・ソナタ第2番ト短調 作品22#のだめ
    ストラヴィンスキー ペトルーシュカからの3楽章#のだめ
    ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲#R★Sオケ
    サラサーテ ヴァイオリン協奏曲<カルメン幻想曲>#R★Sオケ
    R・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら#R★Sオケ
    ベートーヴェン 交響曲第7番#R★Sオケ
    シューベルト ピアノ・ソナタ第16番イ短調D.845#のだめ
    ショパン 前奏曲第21番変ロ長調 作品28-21#千秋

    171205読了

  • ドラマをやってて盛り上がっていた時に何故CDやコンサートまでバカ売れなのかと疑問だった。

    でも今はわかる。

    曲を知っていて脳内再生されないと想像できず、真に作品を楽しめないから損なのだ。
    好きな事を自己満足で楽しくやるのなら、夢は保母さんでも良かったと思うけど、のだめちゃんはそちらを選ばなかったんだな。それを家族が温かく見守ってるのもいい。
    しかし本当に千秋は遠回しで面倒な男だな。

  • 流麗なポエム記事 ペトルーシュカ=道化師 なんとかもハタチすぎればタダの人ってね 鬼速 執拗なまでのシンコペーション=切分法 謝肉祭で賑わうペテルブルク 1位なしの2位に瀬川悠人! 変人にも寛容だ 世界不思議発見で動物奇想天外 不良債権 海苔農家 クラシック界の叶姉妹 プリごろ太ニュース⁉︎ 江頭=ハリセン 大川ってほとんど佐賀だから ラーユーレディ〜?(ラー油入れていい?)やらしかー フランス行き

  • のだめと千秋の関係性に変化が見られる巻。

    千秋が福岡までのだめを探しに行って、
    電話していたのだめを見つけて後ろから抱きしめるシーンは
    多くの人が感動したのでは。
    千秋のあまり見えない本音、
    独り占めしたいような、才能を開花させてやりたいような。
    のだめを彼なりに好きで大事に思っていることが垣間見えて
    意外ですらあった。

    のだめが自ら率先してピアノを弾くシーンも増えてきて
    彼女も彼女で成長しようとしているのが
    青臭くも微笑ましくて良い展開。

    "ブラームスにコッセルやヨーゼフがいたように
    歴史に名を残す音楽家には才能だけじゃなく
    人との出会いがあるものさ
    ボクもそういう人間のひとりになりたいんだよ"
    という佐久間の台詞はとても共感。

    音大を卒業してもプロオケに入れるとは限らず、
    実力があるのに持て余す人も多いというのは、
    音楽に限らずどの世界でもあるのだろうと思う。
    なんともったいないことだろうか。

    千秋が海外に行くという話を伝えていなくてもわかっている
    峰くんはやっぱりいい子だなと思う。

  • 47-52

  • 千秋がのだめを迎えに行くところ・・・好きー!でもその前に、ほぼ同じタイミングで、のだめがピアノを弾くところもまた好き!ラブコメにプラスして作品が表現してるラブコメ以外の部分がすごく伝わってくる。

  • (2015-01-23L)

全110件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

二ノ宮 知子(にのみや ともこ)
1969年生まれ、埼玉県出身の漫画家。
1989年、『外国ロマンDX』(角川書店)に掲載の「London ダウト・ボーイズ」でデビュー。以後、『ヤングロゼ』(角川書店)、『Kiss』(講談社)などに作品を発表する。2001年に連載開始した「のだめカンタービレ」がヒット。で2004年第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。テレビドラマ化・アニメ化・映画化された代表作となり、クラシック音楽を一般に広める役割も果たした。

のだめカンタービレ(9) (KC KISS)のその他の作品

二ノ宮知子の作品

のだめカンタービレ(9) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

ツイートする