海とドリトル(1) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (6)
  • (17)
  • (28)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 215
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409314

作品紹介・あらすじ

理系男子と海洋動物へのLOVEがつまった青春物語! 失恋を癒すため登った富士山で、奇妙な男2人組と出会った七海(ななみ)。彼らは海洋動物の行動を観測する研究者だった。なりゆきで海に出た七海は巨大なクジラと遭遇。その姿に魅せられ研究室に入ることになり…。

理系男子と海洋動物へのLOVEがつまった青春物語! 失恋を癒すため登った富士山で、奇妙な男2人組と出会った七海(ななみ)。彼らは海洋動物の行動を観測する研究者だった。なりゆきで海に出た七海は巨大なクジラと遭遇。その姿に魅せられ研究室に入ることになり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 磯谷さん大好きです。
    本屋の森のあかりが終わってしまって寂しかったから
    続き物は嬉しいです。

    いいですねー。研究室って設定(笑)
    そして、磯谷さん、探求していきますよねーー(笑)
    思いのままに描くばかりではなく
    探求エッセンス^^。好きです!

    バツイチでも研究者でもいいけれどね。
    キャラが低体温でもいいけどね。
    どうか、そんなにゴタゴタせずに成就しますように。

    めげない女子は好きです。
    磯谷さんの描く女子は生命力が強いから好き。

  • たまたま出会った素敵な漫画

  • 鯨や亀や鳥を研究しつつささやかな恋にもだもだする話。登場人物がみんなかわいい。王子がちょいちょい出してくる料理が食べたい。ビリヤニ…

  • 富士山で出会った海洋研究者の研究室に編入した女の子の話。

    研究職の実際にやってる事とか、知らない事を知れる面白さがありました。

    人間関係も色々ありそうですが、まだほんの序盤という感じ。

  • 表紙にひかれて買いました。
    海洋大学のあれこれがわかるのがいいですね。

  • 海の生き物好きなので、こんな漫画があったのか!と嬉しくなった。

  • データロガーはニルス

  • 新シリーズ。

    今までにない感じの漫画で、このさき楽しみ。

  • こうゆう少女漫画は大人になると楽しめる。
    恋愛模様はそんなに深くせず、夢と浪漫満載でいい。
    昔、ララかな?瞳の中の王国?ってゆう水族館ものの漫画があったのを思い出した。
    子どもの頃何かに夢中になってたなぁって純粋なあの頃をなつかしみつつ、現実を見つめつつ。。
    次巻が楽しみ!

  • 本屋の森のあかりが完結してから、待望の新シリーズ。
    大学の研究室舞台、今回は登場人物の紹介だったなぁ。あとがきにもあったように人間関係が動くのを期待。

    ナチュラルに?BLをいれてこようとしなくていいと思うけど。少女マンガなんだし。最近は多い気がする。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2004年Kissストーリーマンガ大賞で入選、翌年『スノウフル』でデビュー。
『本屋の森のあかり』(全12巻)が初連載になる。
その他の著作に『海とドリトル』(全4巻)、『屋根裏の魔女』(以上、講談社)、『恋と病熱』(秋田書店)、『王女の条件』(全3巻、白泉社)、『あかねのハネ』(連載中、小学館)など。
趣味は食べること、と旅行。マヨネーズとトマトが好き。8月22日生まれの獅子座。

「2021年 『ながたんと青と-いちかの料理帖-(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

磯谷友紀の作品

海とドリトル(1) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×