逃げるは恥だが役に立つ(4) (KC KISS)

著者 : 海野つなみ
  • 講談社 (2014年10月10日発売)
4.12
  • (58)
  • (72)
  • (34)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :568
  • レビュー :43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409369

作品紹介

風見さんでのお仕事(家事代行)が百合ちゃんにバレて、仕事現場に乗り込まれたみくり。急遽開かれた津崎さんとの話し合いの結果、自分たちに足りない新婚感を手に入れようということになり初めての◯◯が行われた。やがて、百合ちゃんの家庭訪問をきっかけに事態は思わぬ方向へ!?

風見さんでのお仕事(家事代行)が百合ちゃんにバレて、仕事現場に乗り込まれたみくり。急遽開かれた津崎さんとの話し合いの結果、自分たちに足りない新婚感を手に入れようということになり初めての◯◯が行われた。やがて、百合ちゃんの家庭訪問をきっかけに事態は思わぬ方向へ!?

逃げるは恥だが役に立つ(4) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「どうしてまた暗い色の服に戻ってるんでしょうね、津崎さんは。」
    みくりもヒラマサさんもお互いに心のなかで悶えている姿が可愛らしい。ビジネスライクだった二人の素がだんだん見えてきて面白くなってきそうな展開。

  • どんどん面白くなって目が離せません。
    今までで一番ラブい展開です。
    最初がドライだっただけに甘々。
    デレて壊れていく津崎が可愛い。
    分かりにくくてめんどくさい津崎の態度に傷ついて悲しむみくりと、勘違いして舞い上がる津崎、すれ違わないといいんだけど。。
    風見さんはどこまで二人の間に入ってくるかな?

  • まずはハグから・・・って・・・!!!!
    いいっすね~~~~(笑)
    読んでて、二人の照れた感じが伝染するようでした。
    雇用契約とはいえ、人と人が同じ屋根の下に住まい、
    共有する時間が増えれば、好意を持つのは自然なこと。
    互いの誤解や妄想の暴走が減って
    少しずつ、自然な気持ちで、互いをいいなと思えるよう
    ゆっくりでいいから進んでほしいなぁ。
    スキンシップって大事だね。。。。うん。

    にしても、平匡さん、独身のプロって。。。笑ったわ

  • あーいいなぁこの2人の雰囲気。
    いい大人なのに中学生みたいな恋してる。
    でも、みくりは自分の気持ちに気づいたとしても、平匡さんはまだ自分の気持ちに気づいてないですからねー。
    どんだけ恋愛サボってきたんだって感じ。
    でも、契約上よほどのことがないかぎりは、この2人が離れ離れになることはないのだろうから、じっくりでもいい。
    中学生みたいな恋の仕方でもじっくり感じて気づいていけばいいと思うよ。
    おかしな始まり方の2人だけど、順番が逆方向から楽しむのもありですね^^

  • ヒヒ……ヒヒヒ……と変な笑いが漏れる新婚旅行編。わたしは風見さん×百合ちゃんを推していきたい派なので、百合ちゃんどんどん風見さんを追い込んじゃって!!と思ってしまう。みくりちゃんはめちゃくちゃしっかりしてるよなぁ。客観性があるというか。
    久保ミツロウの百合ちゃんが最高に最高。

  • みくりの母がケガをして、介護のために実家に戻ってしまう。(2人とも恋だと認めているのか微妙なところだが)遠距離恋愛モードな第4巻。

  • 年末のドラマ再放送見て、改めて原作の続きを……読むと、ドラマ初見時には気付かなかったけど、平匡さん結構クズ過ぎるな

  • 好きになってしまった

  • 平匡ー!なんなんだこの男は!
    消極的かと思ってたのに突然の積極性にビックリ。
    早く分かり合ってほしいなぁ。
    しかし浮かれてる平匡さんかわいいな。

    この絵柄がちょっと苦手だったけど読んでくうちに愛着がわいてきた。

  • 全9巻読了。結婚を就職と捉え株式会社平匡に就職したみくり。相変わらず「好きな人の面倒を見るのがやりがいでしょって言われて報酬ないってある意味ブラック企業とも言えるんじゃないかって」な具合。周囲の疑いの目を逸らすために新婚感を出そうと四苦八苦する4巻。

全43件中 1 - 10件を表示

逃げるは恥だが役に立つ(4) (KC KISS)のその他の作品

海野つなみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

逃げるは恥だが役に立つ(4) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

ツイートする