パーフェクトワールド(3) (KC KISS)

著者 : 有賀リエ
  • 講談社 (2016年3月11日発売)
3.92
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409802

作品紹介・あらすじ

車イスに乗る初恋の人・鮎川 樹と付き合い始めた川奈つぐみ。しかし周囲の厳しい視線のなか、つぐみは体調を壊し駅のホームから落下、大怪我を負ってしまう。つぐみは療養のため故郷・松本へ帰る。さまざまな試練の中で、樹はある決意をする。それは――。

車イスに乗る初恋の人・鮎川 樹と付き合い始めた川奈つぐみ。しかし周囲の厳しい視線のなか、つぐみは体調を壊し駅のホームから落下、大怪我を負ってしまう。つぐみは療養のため故郷・松本へ帰る。さまざまな試練の中で、樹はある決意をする。それは――。

パーフェクトワールド(3) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヘルパー(長沢)が病院に付き添うのは請求できんやろ。自費か?とか、
    川奈がいきなり摘便やろうとしたり、摘便の話をしたあとに介護の資格を取ろうかなと言い出すのは、疑問符がついた。
    なぜなら摘便は医療行為でヘルパーはしないから。
    長沢は元看護師設定だからボランティアとしてできる。

    しかしこういう突っ込みってナンセンスだろうな。

  • 難しい問題が山積みなんだろうなっと思いながらずっと読んでたけど、今回は切なすぎる!
    二人とも本当に相手を想ってそして優しさがあるからこんな結果になっちゃったのかな?
    今後のことは予想できないけど、二人には一緒に幸せになってほしいなと思う。

  • ネタバレあり

    前巻から引き続き、読んでいて心が苦しくなる。
    つぐみと樹はお互いのことを想いすぎて、がんじがらめになっている。長澤と是枝がかき回している。ここまで読んでいて、全然結末が見えない。

    つぐみ、樹、是枝はそれぞれのことを考えているのに、長澤だけが自分のことしか考えてないようで、好きになれない。
    樹からつぐみを引き離して、自分なら理解できると思っているみたいだけど、それが=樹のしあわせには繋がらないんだけど。

全3件中 1 - 3件を表示

有賀リエの作品

パーフェクトワールド(3) (KC KISS)はこんなマンガです

ツイートする