恋文日和(3) (講談社コミックスフレンドB (1399))

  • 講談社
3.55
  • (75)
  • (61)
  • (224)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 647
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063413991

作品紹介・あらすじ

ラブレターがもたらす恋の奇跡の物語!

ラブレターがもたらす恋の奇跡の物語!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3話目の「METAL MOON」のお話が一番好き。
    眼中になかった女子からもらったラブレター。
    あまりにも直球ストレートなそのラブレターを読んでからだんだんその子が気になり出す男子の心情を描くのがどうしてこんなにも上手いのジョージ先生‼︎
    またこのラブレターを書いた瀬々ちゃんの不思議な魅力に惹かれました。
    私もクラスメートに瀬々ちゃんのようなコがいたら惹かれちゃいそう(同性ですが..)

  • 交換日記で付き合っている中学生の話と、別の女の子にフラれ続けてる男にクラスメイトから励ましのラブレターを貰う話が好きでした。

  • 甘酸っぱ~~~い
    こんな体験をしてる人はほぼいないと思うけど・・・
    ジョージ朝倉先生の入門には最適かと思われます

  • METAL MOONが好き。
    瀬々がかわいい。

    2013.1.15読了

  • 瀬々ちゃんの不思議すぎる魅力にやられた。

  • こんな青春送りたかったな

  • 11話が、瀬々が、よかった。

  • 現実と非現実が行ったり来たりする。
    ジョージ朝倉先生の作品を初めて読んだのが、この恋文日和。

    日々、照れくさくて言えないような事柄も手紙なら言える。でも、文章だけじゃ相手の感情を読み取れなくていろんな事悩んだり。登場人物みんなが純情で不器用で葛藤してる様が儚くて、とても甘酸っぱい。

    詩的な感情描写がちくちく刺さる。

  • 交換日記いいなぁー!!
    青春してるなー。

    「ホワイトタイガーイリュージョン」はよくわからないのにものすごく中毒性がある。
    さすがジョージ先生。

    「METAL MOON」はこんな青春してみたい!
    いきなりこんな手紙もらったら男の子はきっとすっごく舞い上がるよね。
    嬉しいよね。
    そんな唐突なドキドキがほしいなぁ!

  • まさにジョージ!
    今の繊細な絵柄も好きですがこの頃の大胆な絵柄もやっぱり良い!

    さまざまな”恋文”をテーマにしたオムニバス短編集。個人的におすすめなのは交換日記とCDの貸し借りですね。青春。

全60件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1995年、別冊フレンド(講談社)掲載の「パンキー・ケーキ・ジャンキー」でデビュー。主な著作に『恋文日和』(第29回講談社漫画賞少女部門受賞)、『少年少女ロマンス』『ハッピーエンド』(以上、講談社)『ピース オブ ケイク』『夫婦サファリ』(以上、祥伝社)など。現在、ビックコミックスピリッツ(小学館)で『ダンス・ダンス・ダンスール』を連載中。

「2017年 『小説 映画 溺れるナイフ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ朝倉の作品

ツイートする
×