スプラウト(7) <完> (講談社コミックス別冊フレンド)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (16)
  • (23)
  • (66)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 347
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063415759

作品紹介・あらすじ

仲よしの女友達がいて、年上の彼氏がいて、思いわずらうことなんてなんにもなかった高1の実紅。だけど、ある日突然、お父さんが下宿を始めると言いだして……!?

南波あつこが贈る、戻れない季節の物語、完結。草平は下宿を出ることにした。実紅とは、ただの同級生になる……。どうしようもなく変化していく環境にとまどいながらも、それぞれの答えを出す時期は迫っていた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いや、読みやすいし、わかりやすいんだけど、えっと?これで完結っすか?僕らはみんな河合荘みたいなのを期待してたら全然違ってた。

  • サンプルにてはまる。

  • 終わり方が、、、

  • 恋愛モノ。設定もキャラもありがちといえばありがちだけど、読後はすっきり。さわやかで面白かった。物足りなさも特に感じなかったし、ちょっと読むにはいいと思う。良作。

  • 前に読んだみたいです。あんまり覚えてない。

  • ドラマ化する話を聞いたので、家にあった全巻を読んだ。

    とても読みやすくて、爽やかな青春ストーリー。

    つい、ドラマ版の役とリンクしてしまったが、A.B.C-Zの橋本くんは、役作りしなくていいんじゃなか?と思うくらいハマってるかも。

    ドラマはどうであれ、この作品は、キュンとしたり、共感したり、笑ったり、とてもホッとする終結だった。

  • 面白かったけど、最後が突然すぎ。他の人のレビューにもあったけど、「打ち切りか?!」って思うくらい。
    でも一応みくの恋が実ったっぽいからよかった。
    どのキャラも味があっていい人たちだった。

  • 恋物語だけじゃなくて、こんな下宿所あったらいいなぁと思うようなストーリー。
    そして、それぞれがそれぞれの道を踏み出していく最終巻。
    草平は身近な困ってる子を単にどうにかしたいだけの子なんじゃないだろうか?今後実紅よりも身近な女の子が登場したらまたそっちに行くのでは?なんて心配になったり。
    この漫画家さんに出てくる男性は今一つ信頼が持てなくって。。。
    「隣のあたし」のせいかな・・・ 誰にでも優しくて優柔不断な男と一緒になっても本当に幸せになれるのだろうか?一番タチの悪い男な気がする。

    • 1wwdgamさん
      私も同感です。「スプラウト」以外に「先輩と彼女」も読みましたが、女の子の心情はよく描けてるんですけど、残念ながら男が軽い気がします。
      私も同感です。「スプラウト」以外に「先輩と彼女」も読みましたが、女の子の心情はよく描けてるんですけど、残念ながら男が軽い気がします。
      2010/11/14
  • なんだ草平はいつからみくのことが好きだったんだ。でも個人的には草平はみゆちゃんとずっと付き合って欲しかった。

  • 最後は少しあっさりしすぎている感じがしました。
    南波さんらしい可愛い絵は好きでしたが、
    内容はもう少しドロドロしていてもよかったんじゃないかな。

    • あおさん
      あれだけ彼女がいることが足枷になっていたのに、
      最後は少しあっさりしすぎている気もしました。
      あれだけ彼女がいることが足枷になっていたのに、
      最後は少しあっさりしすぎている気もしました。
      2009/03/12
全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

9月28日生まれ。てんびん座。O型。『バランス』で第16回新人まんが大賞佳作を受賞してデビュー。代表作は、『先輩と彼女』『スプラウト』『隣のあたし』『青夏』

「2019年 『カモナ マイハウス!(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南波あつこの作品

ツイートする