シーラカンス(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (11)
  • (26)
  • (35)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 191
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063415766

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シュールです。でも、超おもしろいです。サスペンスなんでしょうが、そこに「羊」という謎の要素が加わって、とにかくシュールなんです。ひと味違うサスペンスが読みたい方にお勧めです。この「羊」の正体が出て来なくて、私は全然構いません!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「とにかくシュールなんです。」
      知らないマンガばかり選んでみました。どれも面白そうだけど、、、読む機会は巡ってこないだろうなぁ~
      「とにかくシュールなんです。」
      知らないマンガばかり選んでみました。どれも面白そうだけど、、、読む機会は巡ってこないだろうなぁ~
      2014/03/11
  • なんとなく、田島昭宇の絵に似てると思って購入。
    かなり面白かった。サスペンス、DV、DVを受けてる人が見ると言う妄想(羊)、色々な線が繋がっていく様、そして自分の身に降りかかってくる危険の暗示…どれもがうまくできていて、見応えのある展開になっている。コレ、映画できるんじゃない?…って、まだ2巻を見てないから、なんとも言えないんだけどね(笑)

  • 全2巻読了。

  • 思っていたのとは違ってよかった。事件を暴こうとしているのかよくわからない主人公と、その連れ?(笑)

  • 1〜2巻読了

  • ちょっとわかりにくいところも...けど良かったです。

  • サスペンス
    好きなタイプのマンガだ
    話自体は意外性にかけるけど、描き方が好き
    他の作品も読みたくなった

  • 少女漫画っぽくない少女漫画でした。
    青年向け漫画っぽいです。

    どこにでも現れ、ずけずけとものを言う羊。
    その姿は久乃にしか見えない。

    久乃の通う学校の先生が殺された事件と
    久乃が過去関わったかもしれない事件と
    犯人かもしれない人物との出会い。

    読みながら、久乃に語りかける羊の言動に
    久乃と一緒になって惑わされてしまいました。
    一読しただけでは話が呑み込めず
    何度も読み返したくらい。
    そして何度読んでも久乃と一緒に心を揺らされ
    惑わされてしまうのです。

  • サスペンスベースの少女漫画。霜月さんの絵って、少女漫画なんだけどちょっと乾いた感じがして好きです。あと陰気な美青年を描くのがとても上手いと思う。

  • ストーリ構成が素晴らしい。
    あと、極端的に台詞は控えて(というか、著者の作品のほとんどがそうだけど)よりミステリーさを目立たせているところがすごくいいと思った。
    特に、最後の、10年前の話、「球」はぞっとするほどよかった。タイトルも内容とかなりマッチしているところも、また素晴らしい。

全15件中 1 - 10件を表示

シーラカンス(1) (講談社コミックス別冊フレンド)のその他の作品

霜月かよ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
中村 明日美子
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

シーラカンス(1) (講談社コミックス別冊フレンド)を本棚に登録しているひと

ツイートする