隣のあたし(10) <完> (講談社コミックス別冊フレンド)

著者 :
  • 講談社
3.76
  • (14)
  • (18)
  • (18)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 241
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063418057

作品紹介・あらすじ

南波あつこの大ヒット純情ラブついに完結☆
ひとつの恋がおわり、新しい季節がはじまる。仁菜の笑顔のゆくえは!?

仁菜が高校生になって初めての夏を描いた番外編を収録。
せつない想いがキラキラの青春に変わる、感動の最終巻。

南波あつこ先生の「スプラウト」のTVドラマ化も決定しました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 完結

  • H2を思い出すラスト。王道でも定番でもお決まりでも構わない、隣人さんと結ばれてほしかった!嫌な予感はしていたけど、希望を捨てたくなかったのよ。

  • 最終巻。
    少女まんがはなんだかんだ最初から出てくる人とくっつく傾向があるので、どうせ京ちゃんとくっつくんだろうと思ってたから三宅くんとくっついてくれて良い意味で期待を裏切られた。
    仁菜ちゃんと三宅くんの後日談みたいなのがもっとみたかったなー。

  • 可愛らしい。中学生の初恋の話なんだね。お隣の幼馴染に恋をする、こういうシチュエーション大好き!私にとっての理想の結末ではなかったけど、ストーリーは面白かった。主役の女の子が性格もすごくいいコで感情移入し易かった(^O^)

  • 京ちゃん選ばなかったんだね!
    この人の作品は独特のテンポです。動っていうよりは静ですね。
    ちょっともり下がったかなーんー。

  • 南波あつこさんの本はどれも好き♡
    なんかこの温かくなるような
    世界観がいいんだと思います(*^^*)

  • 三宅くん(*^^*)

  • 三宅くんは少女マンガ界屈指のいい男やな。それだけで買い続けたようなものだ。個人的には風早くんを越えた。

  • 最終巻です。
    仁菜がどっちとくっつくのか最後まで読めませんでした。彼女が笑っていてくれるなら彼は幸せなのでしょうね。切ないけど……。この漫画は読んでてかなり切なかった(T-T)

  • とうとう最終巻です。
    そうきましたか・・・。としか言えません。

    私は浅い人間なので自分の思い描いた通りに進んでくれないと
    不完全燃焼で終わってしまいます。

    絵は好きなのに、南波さんのお話はどこかトゲを残しますね。
    そのトゲがとれる場合いいんですが、とれずに最後まできちゃうと・・・。

    うーーーーーーん。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

9月28日生まれ。てんびん座。O型。『バランス』で第16回新人まんが大賞佳作を受賞してデビュー。代表作は、『先輩と彼女』『スプラウト』『隣のあたし』『青夏』

「2019年 『カモナ マイハウス!(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南波あつこの作品

隣のあたし(10) <完> (講談社コミックス別冊フレンド)を本棚に登録しているひと

ツイートする