きょうのキラ君(9)<完> (講談社コミックス別冊フレンド)

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (14)
  • (22)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063419443

作品紹介・あらすじ

キラの心臓が止まった!閉ざされかけた、ニノと歩む未来。キラの運命は…!?一方ニノは、前に進むために過去のトラウマと向き合う決心をするけれど─。なにげない日常に2人が紡ぐ、天国に一番近い恋、感動の最終巻。『近キョリ恋愛』のSPショート&映画撮影現場ルポも同時収録♪

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みきもと先生の作品は、登場するキャラが美人系やイケメンだったりするけど、とても人情味があって、可愛らしいだけじゃなく、その生き方に色々と教えられることもあり、とても好きです。
    キラくんが一体何の(胸以外わからない)病気だったのか、アメリカでの手術って心臓移植?とか思ったり、ニノのイジメのトラウマがあっさり解決しちゃったりするなどなんか色々とモヤモヤすることもあるけれど、最後の"先生"のビデオレターにはとても感動した。
    みきもと先生の作品は最後まで"好き"な作品のまま読み終われることがとても良い。
    次回作も期待したい♪

  • 主要キャラクター
    岡村ニノン 吉良ゆいじ(キラ)

    重い病気で余命が少ないと宣告された吉良くんは、学校ではでモテる少年。お隣に住むニノちゃんは、いつもオカメインコを肩に乗せて登校する、教室内で孤立した女の子。
    ひょんなことから吉良くんの隠された顔を見てしまったニノちゃん。ふたりの恋物語と、大阪弁をしゃべるオカメインコの先生のストーリー。全9巻。

    最初はノリノリで読んでましたが、後半になって失速。先生の展開にびっくりさせられるものの、あくまでもメインキャラの行きつくところは想定内なので、話の展開的には物足りなさも。みきもと先生の絵は、男の子も女の子も綺麗で可愛くて、見ているだけでうっとりしてしまうので、そういう意味では楽しんで読めました。

    映画化で吉良くんを演じる中川大志さん、めちゃめちゃ可愛くてぴったり。漫画の実写版を見たいと思うことは少ないのですが、これはちょっと気になります。

    (追記 2/3/2018)
    映画見ました。悲しい時に吉良くんが行く場所、パパさんの女装、先生と登校など、省いている設定も多かったけれど、まぁ楽しめました。中川くん、トーク番組では柔らかい印象だけれど、きりっと男らしい吉良くんを演じてて良かったです。

  • まさかの先生ーーー。
    ラストはかなりグッジョブ。✧ \( °∀° )/ ✧

  • 31-33
    Last page welcome to our party
    近距離恋愛SPショート

  • 良い内容ですね…。
    感動する内容ですがちょっとギャグがあったり
    さすが映画になるぐらいの内容ですよね~
    映画化楽しみです!

  • 2015.9.17
    イジメや病気からスタートするけど、可愛くてポップな絵も手伝って、重くはないです。前向きで爽やかでとても良かった。

  • 期待しており、とてもいい作品だったかと思います。
    病気と闘う男の子と、それを見守る女の子。
    ありがちだけれど、この方の絵柄がとてもポップなのでしんみりしすぎなくて良いです。
    あとは先生。この展開は想像してなかったのでちょっと残念。だけど安易に動物を出せず、しっかりとした一生が描かれていて、みきもとさんの動物愛を感じました。
    ペットを飼うのには一生を保証しなければいけません。安易に飼うのはだめですね!

  • 先生のビデオに泣いた(T^T)

    人は独りだけど、一人ではない。
    大切なものを見失わないようにしたいね。

    人間は愚かだから、すぐ忘れてしまう。
    今の生がどんなに大切か…。

    マンガとしては王道な終わり方。
    でもこれでいいと思う(笑)
    涙は似合わない漫画家さんだと思う。

  • 【借り本】

  • レンタル>まぁ予定調和な大団円で終了。キラ君、意外にあっさり復活♪ニノのトラウマ事も波乱かと思いきや、これも割とあっさり解決。。先生(オカメインコ)のフラグが立ちそうだなぁと前巻で思ったのはやっぱりでした。。ラストはちょっと急いだようなラストでびっくり。やけにとんでたね(^^;)…。まさか子供(僕)が誰かさんに似てたとはw…って事はキラ君はまず死なないって事だよねwwほのぼのでした。
    前作近キョリ程の面白要素は少なかったな。
    同時収録;近キョリ短編は大変微笑ましくて良かったwwwハルカ先生は相変わらずだし、ナナ美ちゃん可愛ゆす^^。夢オチとは言え…娘決定ww

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

5月18日生まれ。おうし座。AB型。『SHES ALL THAT』で第18回BF新人まんが 大賞佳作を受賞してデビュー。代表作は、『近キョリ恋愛』『きょうのキラ君』。

「2018年 『午前0時、キスしに来てよ(8)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きょうのキラ君(9)<完> (講談社コミックス別冊フレンド)のその他の作品

みきもと凜の作品

きょうのキラ君(9)<完> (講談社コミックス別冊フレンド)を本棚に登録しているひと

ツイートする