The大市民 2 (アッパーズKC)

著者 :
  • 講談社
2.90
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063462036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長期連載のせいか、おっさんの妄想話がどんどんエスカレートしている。
    マナーの乱れを憂いて高校の教室に乱入し、生意気な生徒相手に一説ぶって最後には改心させるってそりゃあ楽しいでしょうなー。
    説教する側に感情移入できないと逆に説教されてる気持ちになれる。

    ごはんの描写はよいです。

  • エッセイストの主人公は安アパートに住み、生活を楽しんでいる。アパートの住人と時に絡みつつ、日々をいかに快適に過ごすかあれこれと工夫を凝らしている・・・というのが大まかなあらすじだが、この作品はストーリーというものは特に無く、工夫の内実を披露することに終始している。寿司の食べ方やビールの美味しい飲み方、手軽に出来る美味しい料理、気分のリラックスのさせ方、快適な服装などなど、身近な薀蓄をあれこれと指南してくれる。この“身近”というところがポイントで、絵の荒さやギャグの古臭さに辟易しつつも頷けたり腑に落ちる部分は多いはず

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

[やなぎさわ・きみお] ★漫画家。1969年、『デワタン一座』にて週刊少年サンデーでデビュー。以後の代表作・ヒット作は極めて多数。1979年には『翔んだカップル』にて第3回講談社漫画賞の少年部門を受賞した。ライフワークである『大市民』シリーズは熱狂的なファンも多い。2010年には週刊新潮にて初の文筆連載、『なんだかなァ人生』を開始し、その後も漫画・原作・文筆と精力的に活動している。

「2015年 『ネメシス #25』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳沢きみおの作品

ツイートする
×