アンドロメダ・ストーリーズ (3) (ポケットコミック (3))

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063480030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「双子」「兄妹」「生き別れの妹(男装、一人称「俺」ツンデレ)」「最後兄妹ラブラブ」という設定を20年以上昔にやってた。しかもそれが24時間テレビでアニメになってた。
    今考えるとすごい事だ。再評価すべし。

  • 3.7◼︎システムが人間を飲み込んでいく、というパターンは『地球へ』から地続きだ。しかし血族間の「跳躍」によりシステムを乗り越える、という今ではなかなか出てこない長大な発想。過度な内省描写に時代を感じるが、その長大さは伝わった。

  • 「地球へ・・・」の影に隠れている名作SF。

    機械人間化されていく人々。
    群集劇の中で描かれる、愛憎。

    主人公である双子の兄妹が恋に落ちていくさまも、どこか温かい。

    「永遠の一秒」の詞が、物語の核心を突いてきます。

  • ここに描かれた精神は何時の時代のものなのか。手塚作品以外で唯一24時間TVで映像化された作品。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1950年、徳島市に生まれる。徳島大学教育学部中退。68年『リンゴの罪』でデビュー。70年、雑誌連載をきっかけに上京。以後、SF、同性愛、音楽、歴史などを題材に多彩な執筆活動を展開。80年、『風と木の詩(うた)』『地球(テラ)へ…』により第25回小学館漫画賞を受賞。主な作品に『ファラオの墓』『イズァローン伝説』『私を月まで連れてって!』『紅にほふ』『天馬の血族』『マンガ日本の古典 吾妻鏡』などがある。京都精華大学にて2000年~教授就任。14年~18年学長。2014年紫綬褒章受章。

「2021年 『扉はひらく いくたびも 時代の証言者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹宮惠子の作品

ツイートする
×