仮面ライダーSPIRITS(5) (マガジンZKC)

著者 :
  • 講談社
3.66
  • (24)
  • (17)
  • (49)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 270
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063491449

作品紹介・あらすじ

時代が望む時、仮面ライダーは必ず甦る。本郷猛、一文字隼人、風見志郎。すべての世代に贈る、ライダー新ストーリー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック

  • ZXの扱いが大きい。最初はダサいと思っていたが段々かっこよく見えてきた。小さい頃に見たZXが短足だったからか。

  • 「償えないのならば 戦えばいい」

  • えーと、熱い熱い仮面ライダーマンガ、「仮面ライダーSPRITS」です。
    世代なのかどうかわかりませんが、わたしは、ウルトラマンより仮面ライダーの方が燃えるのです。

    しかも、出てくるライダーたちは、わたしのよく知っているライダー達ですから。

    「ゼクロス」編です。
    むかし、まだ、わたしが幼稚園のとき。
    幼稚園に持って行くパックにプリントされていたのが、見たこともない赤い仮面ライダーでした。
    そしてそこには、「仮面ライダーZX」の文字が。

    このバックのプリントは、当時、ヒーローが大好きだった幼稚園児(男子限定)の話題の的でした。

    「なー、それ、ホンマに仮面ライダー?」

    「ニセモノなんとちゃう」

    「敵やったりして」

    そんなとき、ぼくは、胸を張っていったものです。

    「これは、今度始まる新しい仮面ライダーやねんぞ〜」

    なんか、雑誌でこのライダーを見たという子も現れて、僕たちは、今か今かと、この新しいライダーが、目の前に姿を表すのを待っていました。
    でも、新しく始まったライダーは、「ZX」では、ありませんでした。

    「違うじゃないか…」

    「うそつき…」

    ぼくは、悔しさをかみしめて、まだ新しいその幼稚園バックを、何度川に捨てようと思ったことか……*1
    でも、幼稚園は、送り迎え付き。そんな行為は許されません。

    今になれば、わかります。
    企画倒れ。そして、早すぎた商品化。

    でも、でも、そんな「ZX」が、今、わたしの前に姿をあらわしました。
    ぼくは、嘘つきじゃなかったんだ!!

    当時、幼稚園の子が、30歳を越えるまでもの長い月日が過ぎていましたが。
    あの頃の友よ。見ているか?
    多分、見てない(笑)

    と遠い記憶に思いを馳せると、「ZX」ではなくて、「ZO」とかいてあった気もするわたしであった。
    ライダーマニアの人の情報を求む。
    そんな人は、こんなサイト見てないか?

全4件中 1 - 4件を表示

村枝賢一の作品

ツイートする