おせん(6) (イブニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (12)
  • (8)
  • (37)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 173
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063520323

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ドラマはちょっとだけ観てて蒼井優がかわいくてよかったんですが、粋を極めてるには若すぎる感じがしました。今6巻まで読みましたが、原作でもおせんさんの年はよくわかりません。以下数巻続くのを一気読みできるかと思うとなんて贅沢なんだろうと嬉しくなります。最初は絵がとっつきにくかったんですけど、表紙とか扉絵のカラーは美しいですね。こんなきれいでかわいくて粋で頭がよくて気立てがよくて料理がうまくておちゃめないい女、女でも惚れますヨ。手取り5万でも住み込みたいです。でも所々でのおせんさんの艶やかセクシーショットは需要があるのかなぁとやや疑問です。作中6巻までは、おせんさんに釣り合う男が皆無なのがちょっと寂しいです。

  • 再読ー。

  • 2008/7/23読了。

  • 2008/05/10

    wip

  • 老舗料亭『一升庵』を舞台に食いもんを通して日本を見詰めていくお話。これも全部いいので、これまでを代表して六巻を。出てくるお料理全部おいしそう。おせんさんの言葉も胸に沁みます。

  • おせんさんは綺麗可愛いくて私の目標なのです

  • 板長・清二さんの世話役おじきが、もう長くない……飛び込んできた若造包丁人が清二と研ぐものは、料理の腕と人の道。料理人の性根は、その包丁の線で分かる。
     おじきの願いは、「もう一度、鮪が食いたい」……

全7件中 1 - 7件を表示

きくち正太の作品

ツイートする
×