BLOOD ALONE(7) (イブニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.76
  • (15)
  • (25)
  • (30)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 277
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063523522

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。

    やっぱスーツミサキちゃんかわいい。

  • どうとでも転がせる設定なんですが、ミサキとクロエを真ん中に置いたエピソードが欲しいです。

  • 進展ないなあ…。クロエにとってミサキは何なのか。兄妹、親子、恋人、どれでもないなら何なんだろう。

  • 絵の雰囲気が良い。あとは…

  • 掲載誌をイブニングに移しての新装開店。でも強気に振舞うけど心の中に年相応の不安を一杯抱えたミサキと、そんな彼女を心から愛するクロエのイチャイチャは健在。新たな敵(?)も登場しての新展開。しかし、良い意味でも、悪い意味でも静かな日常が主軸であることは変わりない以上、劇的な展開は無いのだろう。それをよしとするかどうか、読み手側にも分かれ目になると思う第七巻。

  • いつの間にかイブニングに移っていた・・・。

    相変わらず、ラリーとミサキは主従関係(笑)
    クロエのミサキに対する感情も、ようやく少し変わりつつあるのか・・・?

  •    兄妹、親子、恋人・・・・・・。
       どんな呼び方もあてはまらない、クロエとミサキの
       微妙な関係―――。
       ただ心で繋がっていれば、それだけでいい・・・・・・。



    吸血鬼になってしまった女の子ミサキと、吸血鬼にお姉さんをさらわれた青年クロエのお話。



    以下、ネタばれあります。










    読者としては初めて見る顔なんだけど、ミサキとクロエは知り合いって人物が登場。

    あれ?過去に出たことあったっけ?って読み返してしまった。
    結局どこで知り合ったのか、わからず仕舞い。
    ま、こういうのもありなのかな。

    久しぶりに読むと、ミサキが少し大人っぽくなった感じ。



    吸血鬼ものなのに心が和む。
    この人の絵、好きだわ~。

  • 掲載誌が変わったり休載したりで、本当に待望の新刊!!
    シリアスとほのぼののバランスがいい感じです
    名探偵ミサキの可愛さよ…!
    ヒグレさま少なかったけどいてよかった
    このくらい巻数出てて全容がまだぼんやりしてるのに全然飽きさせないってすごいと思う

  • 久しぶりにほんわかさせていただきました。この2人の変わらなさは安心しますね。ミサキはクロエが大切で、クロエはミサキが大切。ただ、そろそろクロエに変化があるのか…?

  • 新展開キタ!このシリーズは最高に好きです。
    (ただちょっぴり絵が粗かったような・・・アシスタントさん見つかったんだろうか・・・)

全17件中 1 - 10件を表示

高野真之の作品

BLOOD ALONE(7) (イブニングKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする