害虫女子コスモポリタン (イブニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (3)
  • (11)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 74
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063523928

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 害虫擬人化本。すごく面白い。
    面白いけど害虫は害虫なので怖い気持ち悪いって感じで複雑でした。
    いやでも面白い。抵抗なければオススメです。

  • 害虫擬人化漫画。主役はもちろん黒光りするニクいアイツ。

    耽美っぽい絵で害虫の生態学を学ぶ感じ。人間編と害虫擬人編があるが、どっちつかずで変な構成。カイガラムシが好きです。

  • 虫好きには堪らない本がある、とうわさで聞きつけて読みました。面白かった。コミカルな上に虫の生物学的な説明まで。私はあくまで「虫好き」であって「害虫」はそんなに好きではないですが、楽しめました。あと画力も結構イケていて、虫の描写が正確だと思いました。

  • 気持ち悪いけど勉強になった…

  • 思ってたのとちょっと違ったかなぁ。人間は要らん。虫娘だけで結構。面白かったけどサ

  • 害虫たちが…可愛い(;゚Д゚)!
    こんなんだったら、退治できないよう。

    ということで…ん~けっこうグロイよねぇ。

    アシダカグモのモフモフさがかわいくてかわいくて。
    ふかふかのぬいぐるみみたい。

    とてもお勉強になりました(´∀`*)
    なんか害虫のこといろいろ知れてよかったわ~。

    まぁ、嫌なことに変わりはないけど、面白い奴らだわ。

    もうすこし暖かい目でみるよう努力します( ノ゚Д゚)

  • ゴキブリやシマ蚊、ノミにクモにシラミ…沢山の害虫が可愛らしい女の子として描かれ、ギャグテイストで分かりやすく生態を説明するという異色な作品。これを読むと害虫対策バッチリ!…かも?面白かったです。

  • ジャケ買い

  • 本屋で見かけて、思わず衝動買いした本。
    ゴキブリは決して好きではないですが(むしろ嫌い)、生物としての虫全般は嫌いではないです。
    虫(主に害虫)の生態がいろいろわかる本。
    「もやしもん」が好きな方には、受け入れられるのではないでしょうか。
    楽しんで読みながら、雑学も身につく、そんな本です。

  • アホ毛が触覚だと、気づかない人がいるやも知れぬ。
    それならば、そのまま教えてあげないほうがシアワセかも。
    ムシを擬人化してみることで、苦手克服に使える良書。

全15件中 1 - 10件を表示

小谷真倫の作品

害虫女子コスモポリタン (イブニングKC)に関連するまとめ

ツイートする