ミスター味っ子2(13) <完> (イブニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063524079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いよいよ完結編。
    果たして、味皇の記憶は戻るのか?

    そして、親子三代の事実が明らかとなり、それぞれの料理に対する道は、更に続いていく。

  • 最後の最後に詰め過ぎ感は否めないけど、続編として楽しませていただきました。
    序盤に出てくるアニメ版で母と結婚してた丸井の落ちぶれっぷりがすげー可哀そうだった。

  • 味っ子完結!
    後半に進むにつれ、「え?!」と思わず声が出てしまう位
    少々強引な部分もあったけれど、「味っ子だからね!」で許される不思議。

    上手くまとまっていて面白かったです

  • 第二世代に主役が移ったこのシリーズが完結。
    少々ざっくりした終わり方だったけど、まぁ、このシリーズは相変わらずこんなもんかな。

  • 味吉一族のチャームが2世代ではなく3世代だったらしいことが判明する最終巻。
    特殊効果「魅惑」Sugeeeeeーーー!
    「味っ子」では書かれなかった味皇料理会のこれまでが、IIで描かれるとは…。
    たとえ後付けであっても燃えすぎて熱い。
    陽一はいくつになっても可愛い。

  • 説明くさいセリフも多いが、終わりに向かって丁寧に進行していくのは好印象。
    それが面白いかと言われると微妙かもしれないが、別に悪くは無い。


    しかし陽一の親父が生きていたとは…ていうか、それ、いる?

    つーか最後下仲どうなっちまったんだw

全8件中 1 - 8件を表示

ミスター味っ子2(13) <完> (イブニングKC)のその他の作品

寺沢大介の作品

ツイートする