ジャポニカの歩き方(5) (イブニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (2)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063524376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • C1

  • ラオの在外公館派遣員として日本大使館で働く空土。
    日本のパスポートを持っている人がマラリアにかかっていると連絡があり行ってみると意識がかなり朦朧としている。その人に代わり日本の家族に連絡してみるとその人は日本から出ていないとの事。そう、以前パスポートを盗まれ悪用されたものだった。彼は逃亡したが大事なUSBを忘れていきそれをとれ戻すために空土は誘拐されることになった。

    次の話は有名な作家がラオに来て案内する話。

    最後は日本のコンビニ業界の人がラオに来ておにぎり開発をしていく話。

    空土くんがだんだんたくましくなるのがいいかも。題材も面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

フランス・パリ生まれ。1991年、「マガジンSPECIAL」(講談社)にて『ノーハドル』で連載デビュー。代表作に、『ハーレムビート』『家電の女』『ジャポニカの歩き方』など。「モーニング」では『ダーティー・クライスト・スーパースター(DCS)』が初掲載作品となる。

ジャポニカの歩き方(5) (イブニングKC)のその他の作品

西山優里子の作品

ツイートする