累(5) (イブニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.96
  • (29)
  • (46)
  • (31)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 554
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063545647

作品紹介・あらすじ

他者の顔を奪う口紅。累はその不思議な口紅の力を使い、丹沢ニナという美しき顔を手にする。かつての醜さから解放された累は、その美貌と天賦の演技の才能で、輝かしい舞台の光を手に入れる。だが、そんな累のもとに、同じ血を引く妹・野菊が現れたことで事態は一変する――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いや、ホンマ、めちゃくちゃ面白いわ~!
    個人的にここ2、3年に発売された漫画の中では一番先が気になる漫画。
    もう漫画好きの間ではかなり話題になってるので知ってる人も多いだろうけど、全く無名の新人が描いたとは思えない完成度の高さにホンマ驚きです。

    ストーリーは、その醜い容姿から人に忌み嫌われ過酷な道を歩んできた少女・累(かさね)が、女優であった母の遺した他者の顔を奪うことのできる不思議な口紅と出会い、自らの手で人生を切り開いていくスリリングなサスペンス劇。

    他人の顔と人生を盗み取って伝説の女優となった亡き母の秘密。
    母や口紅の謎をすべてを知る演出家・羽生田釿互(はぶた・きんご)の突然の来訪。
    やがて天性の演技力を生かし這い上がるために、美貌を持つが売れない女優・丹沢リナの顔を口紅で奪い、演劇界で生きていく決意をする累。
    しかし美しい顔に変えスポットライトを浴びても、
    それでもまだ醜い己の卑屈さや自己嫌悪、劣等感からは逃れられないジレンマに累は深く苦悩する。
    そして母に瓜二つの美貌を持つ腹違いの妹、野菊の出現で事態は一変する…。

    江戸時代に実際に起こったと伝えられる怪談『累ヶ淵』をモチーフに、人の醜さと美しさ、そして偽りをテーマに物語は進んでいきます。

    手塚治虫作品や古き良き昭和の頃にあったダイナミックで表情豊かで漫画然とした、独特でいてどこか懐かしい絵柄。
    80年代の大映ドラマや昼ドラ臭全開の(笑)ドロドロした愛憎劇を、テンポ良く丹念な心情描写で描いていくストーリーテリングの上手さ。
    とにかく褒めるとこしかない漫画なんやけど(笑)、
    この漫画の最もスゴい点は
    小説家平井和正氏の表現したところの、「疾走感を伴って結末に向かう感覚が継続する」、この『ベクトル感』に尽きます。
    次はどうなるのか?早く続きが読みたいとページをめくる手が止められなくなる、
    この心地良さこそが名作の証であり必須条件だと思う。

    そういう意味ではその条件をすべて満たしているし、深いテーマを扱いながらも
    古き良き昭和の漫画が持っていた熱量や、なんだか分からないけど惹きつけられた、漫画という表現がかつて有したワンダー(驚き)の醍醐味を思う存分に味わえる、もはや傑作と言って差し支えない作品だと個人的には評価しています。

    破滅への階段をひた走っていくような展開にどうにも胸が痛くなるけど、
    個人的心情から言えば、
    できうるなら累にはどうか幸せになって欲しい。
    どうしてもツラい結末を予想させるし、おそらくそうなることが避けられないと分かっているからこそ、
    切に願わずにいられないのですよ…( >_<)

    サスペンスやホラー好きさん、
    また面白いストーリー漫画をお探しのアナタ、
    自信持ってオススメしますよ!
    (現在5巻まで出てます)

  • 物語序盤の耽美で背徳的な世界観はやや失われてきたものの、ミステリーとしての面白さは増してきた。
    美醜とはどんな価値があるのか、幸せとは何か。
    そんな中で懸命に生きながらも幸せへとは向かえない女の子たちのドロドロとした生き方に強いエネルギーを感じる漫画です。

  • 予約してたので、通知メールが届いたと同時に読了! 想像よりも、野菊がニナ=累に気付くのが早かった!! 累の演技半端ないよっ、あんな急に確信聞かれて嘘とか吐けないしっ!! ニナに心を許していた野菊が、だんだん復讐と怒りに狂っていく様子もゾクゾクした。続きが早く読みたいわ~小説の「誘」も電子にならないかな!! そっちもすごく読んでみたい。

  • どんどん話が展開していくなぁ。今のところ状況変わらずっていう巻がないから面白く読めてる。相変わらずニナの顔を奪って舞台に立ち続ける累と親友になった野菊。すごくいい関係だと思ったけど、野菊は野菊で累の秘密にどんどん近づいていく。ドキドキハラハラする展開だった。でも累もニナももう少し過去調べられた時のために対策とっておけばよかったのにってすごく思ってしまった。あんな一般男性がちょっと調べたら繋がってくなんて、すごい秘密を持ってるのに浅はかすぎやしないか。これから野菊がどんな復讐をするのか気になる。

  • 思ったよりも早い段階で累の秘密に辿り着きそうな人間が現れたなあ。

  • 他者の顔を奪う口紅の力で、丹沢ニナという美しき顔を手にした累。
    かつての醜さから解放された累は、その美貌と天賦の演技の才能で、輝かしい舞台の光を手に入れる。
    だが、そんな累のもとに、同じ血を引く妹・野菊が現れた事で事態は一変する…。

    順調に仲良くなっていた累と野菊、けど野菊の危機を救って家に匿ったことでその関係に亀裂が入るなんて…仕方ないけどちょっと恩を仇で返された気分になってしまう。
    せっかく累にとってもよき友人が出来たと嬉しかったのになぁ。
    累の秘密がこんなにあっさり見破られちゃうとはなぁ。累としては野菊のことはまだ親友と思ってるから余計に見てて辛い。
    しかしあの口紅は、口紅というよりあの原料が何か魔法的なものなのか?

  • 累の化けの皮がだんだんと剥がれてきたなと感じました。次の巻できっともっと凄い駆け引きがあるのだろうと期待してしまいます。

  • 読了

  • 遂に紐解かれ行く真実。重要なテーマの一つである「あか」に近づくにつれ、乖離する心。全てが同じ場所に集束しつつあるのに、みんな心はバラバラに離れていく。本当の「美醜」というものがこれからどう結論付けられるか、楽しみ。

  • これコミックで出る前にWEBで無料で読んだんですが
    非常に先が気になる展開になってて本になったら借りようと記憶していて
    気づいたらもう5巻まで出てたっていうw

    他人と顔が入れ替えられる謎の口紅。

    この謎アイテムについての仕組みが徐々に
    恐る恐る試しながら解明されていく様子や、

    生まれながらにして醜悪な容姿で誕生したものの
    演技力はトップレベルの主人公、
    美しく生まれながらも演技力だけは主人公に敵わない者、
    美に翻弄され続ける愚かな男ども、


    そんな登場人物たちの心情が激しく交錯しているといった内容です。


    まず読んでて思い出したのが『ヘルタースケルター』。

    これも美しい姿は偽りで、嘘に嘘を固めて何でもないかのように
    生まれてからずっと美しかったかのように振る舞う。
    けれど、それは誰にも秘密であるが故に徐々に精神を蝕んでいってしまう。
    醜い自分というコンプレックスは、野望や向上心にもなるが
    一方で疑心暗鬼を生み誰一人として信用出来なくなりいずれは破綻していってしまう。

    実際、現実の芸能人でもプライベートを隠さず
    すっぴんも、部屋着も、食事内容も、と何でも公開している人も多い中、
    ツイッターやブログなど一切せずにちょっとしたバラエティ番組でしか
    その人の日常を知ることが出来ない人もいたりする。

    公開している芸能人は、
    その人の美容法とかファッションブランドとかを真似したいという
    世間からの需要に応えているだろうし

    ベールに包まれている芸能人は、
    キャラが浸透していない分透明感を持続しやすいというか、
    女優であればどんな役柄をやるにも先入観を排除しやすいとか、
    秘密が多いからこそ魅力的だったりする。


    ヘルタースケルターのリリコにしろ、
    累の主人公にしろ、

    やはり誰にも言えない秘密があるからこそ美しいんだと思うよね。

    その秘密がやましい事なだけに、
    外見は一寸の狂いもない美しい造形をしていて
    その反面心は狂いそうなほどに不安定で

    そういうアンバランスさが、
    どこか儚さを出していたり、憂いを作り出していたり、
    観る人を安心させずに惹きつけるというか

    そういう事も読めるような漫画です。

    ストーリーのテンポが丁度良くて
    そしてこの先どうなるんだろうっていう思わせてくれる

    面白いマンガだと思います。
    続きが非常に楽しみ!

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イブニング新人賞ゆうきまさみ大賞及び宇仁田ゆみ大賞にて、共に優秀賞を受賞。2013年より同誌上にて連載を開始した『累―かさね―』が、テレビをはじめとする各メディアで絶賛され、今最も注目を集める若手漫画家としてその活躍を期待されている。本作『誘―いざな―』はこの『累―かさね―』の前日譚を小説として執筆したもので、松浦だるまの小説家としてのデビュー作となる。

「2014年 『誘』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦だるまの作品

累(5) (イブニングKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×