あさきゆめみし(1) (講談社漫画文庫)

著者 :
  • 講談社 (2001年7月31日発売)
3.82
  • (149)
  • (116)
  • (205)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 1103
レビュー : 167
  • Amazon.co.jp ・マンガ (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063600506

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恥ずかしながらちゃんと読んだことがなかった「源氏物語」。
    紫式部が作者で平安時代に描かれた長編物語であることと
    主人公として登場する光源氏が類稀なプレイボーイである
    という事以外は、ほとんど何も知らない浅学菲才なもので
    一度読んでみなくてはと、大分前から現代語訳されている
    作家さん数名を候補にあげ実は、その中から一冊選び
    物語の第一帖である「桐壺」を読んでみたことがありました。

    現代語訳でしたからそれなりに分かりやすくはあったものの
    使われている専門用語などの一語一語を、知ったかぶりして
    読み流してしまうようなことはせず、辞書で調べながら
    丁寧にノートに書き写すなどして読み進めていきましたから
    なるほどまことによく理解できてとても嬉しくなったものでした。

    けれども「一帖」を読むだけでほぼ一日がかり。巻末には
    用語解説が添付されてはいたけれど、どうにも使い勝手が悪く
    時間がかかってばかりいたので、途中からはスマホを横に
    辞書検索する方がよほど短時間で済み楽になりました。
    それでも調べれば調べるほど奥へ奥へと深みにはまって
    結局時間はかかる一方。(笑)よりよく理解はできても
    これではなんだか勉強させられてるという感覚にも陥って
    心を動かして感情で物語を楽しむということができずに
    たった「一帖」で中断してしまっていたのでした。

    そこで「あさきゆめみし」。
    大和和紀さんのこの漫画版「源氏物語」も
    現代語訳版として読んでみたいと候補にあげていました。
    漫画から入ってみたらどうだろう....。

    結果オーライでした♪ のっけからす~っとすい吸い込まれるように
    源氏の君の世界へと入ってのめり込んで一巻(一~八帖)一気。
    以前用語を調べていたことが助けになったおかげもあって
    それほど難しい言葉に出会うこともなく、(時々枠外に注釈が
    ついていました)巻頭には登場人物の相関図と、顔つきの
    人物紹介も載せられていたので時々捲りながら楽しく読めました。

    源氏の君は単なるプレイボーイとは違う....

    光の君は3歳で母を亡くし、本当の母親の愛情というものを知らず
    9歳の時に迎えた継母は産みの母にそっくりの美しき14歳。
    二人はなか睦まじい継母子関係にはなるも、この年齢での
    二人の出会いに、あくまでも親子という間柄の感情だけで
    いなければならないなんて事が果たしてできましょうか...。
    引き裂かれれば余計引き寄せられるというものでしょうに。
    お互いに...。

    母性愛に飢えたままの少年は12歳で元服、結婚。
    そして誰もが羨むほどの美貌の持ち主であるというのも
    なんとも罪なものです。女性の方でもほっとかないですもの..。
    もう~紫式部さん、よくぞここまで作りあげてくださいましたね!(笑)

    このお方は...何人の女性と出会っても
    真実の愛というものを見つけられずに、もがき彷徨い
    翻弄し続けるのかな...。そんな気がしてなりませんでした。

  • 誰もが一度は通る道…とまでは言わないかもしれないけれど、大多数の人が読んだことあるのでは…?と秘かに思っている。

    私は百人一首を覚える目的で読んでみようと思ったのですが、大人になってふと読み返してみたくなり購入。
    俳句や川柳、落語…色々ありますが、私には百人一首がちょうどよいサイズで…好きなのだと思います。
    ちなみに、『あさきゆめみし』を読んでも句はあまり覚えられません(笑)

  • 連載が始まって初めての単行本が出た頃に読んで以来、30年以上の年月を経ての再読。当時は年増に見えた六条の御息所も今の私から見ればまだまだ若く、また当時に比べたら自分の中で日本文化への親しみや理解も深まっていて、1000年の昔にこのような文化的で優雅な暮らしがあったことに心底感嘆せずにはいられない気がした。昔はそれほど好きとは思えなかった葵の上がとても可愛らしくいじらしく思え、既に彼女の最期はわかっているが、もっと幸せになれたのにと不憫。当時はひたすら恐ろしかった六条の御息所の悲哀も胸に染みいた。

  • 源氏物語、原文ではよぅ読まんけど、漫画でならね。
    嫁さんの実家のダンボールからサルベージした「あさきゆめみし」だが、一巻だけ無かったので、ブックオフで購入。ようやく読み始められた。絵もストーリーの解釈も程よい感じ。多少話は端折られてるけどね。まぁ少女マンガなので、今のところ過激な表現もなし。いいんじゃない!?

  • もちろんマンガでないほうを読んだことはない
    ので原作との面白さが不可分
    が読むたびに平安時代がわからない

  • 源氏物語の漫画本。
    現代風に言えば、レディースコミックといった内容か。なぜ源氏物語の歴史的評価が高いのか、未だに理解できない。

    光源氏というのは単なるプレイボーイである。天皇の子という高貴な立場でお金持ち、容姿端麗、博学で和歌(口説き文句)もうまい。欠点何一つない貴公子と言ったところ。11歳上の未亡人から10歳の女の子まで手をつける。

    光源氏の恋愛遍歴
    ・藤壺の宮:父 桐壺帝の女御。4歳上。源氏の母:桐壺の更衣に風貌が似ており、母を早くに亡くした源氏にとっては母親代わり。後に源氏が姦通し、源氏の子を産む。その罪を背負う。
    ・六条の御息所:前の東宮の未亡人。源氏の11歳上。やはり源氏が通う。
    ・葵の上:左大臣の娘にて源氏の正妻。4歳上。源氏との仲は悪く、源氏はあまり通わない。しかし後半、源氏の子を産む。
    ・末摘花:見栄えも悪く和歌も下手な女。年のころは源氏と同じか。源氏は、末摘花の顔を知らずに夜這いをし、手をつけてしまう。気づいた時には時遅し。やむを得ず支援をする。
    ・紫の上:藤壺の宮の姪で、藤壺の宮に似ている。登場時10歳。母は死に、父からも不遇な扱いを受けている。源氏が養育を買って出る。
    ・源の典侍:60歳のおばあさんだが、源氏に恋慕する。
    ・朧月夜(六の君):右大臣の娘。東宮(後の朱雀帝)に入内前に源氏が手をつける。

  • 数年ぶりの再読。何度読んでも面白い。この辺りはまだまだ記憶の紐をたぐりよせられるな。台詞までも懐かしく思える。でも先にゆくほど記憶が細ってゆくので、さいごまで読み返したいと計画しています。そういえば大学生の頃授業で流麗な書風が印刷されたテキストで源氏物語を習ったことがあって、字が読めなくて墨文字のとなりに読み仮名をふったな・・・。高校生の時はこの漫画のおかげもあって古典で源氏物語はキャラが映像で理解できてたすかったな・・・。と漫画を読みつつ思い出もぽろぽろ。

  • 大和和紀にハマった中3長女のリクエスト。古典のサブテキストとしてそろそろ手元にあってもいい本でもあり。

  • 中学時代古文対策に、友達が貸してくれました。
    内容はそもそも原作が面白くないので、別に面白くないです。
    古文で使われる作品て「は?」って内容のが多い。
    これは原作がこんな内容なのか、私が読めてないのかどっちだろうか?となってしまう。
    原作がこんな内容なんだよ、と安心させてくれる漫画。

  •  原文はもとより、現代語訳でもかなり難解な源氏物語の取っ掛かりとして、これほどいい本はない。

     もちろん、所々著者の解釈(例えば、藤壺が源氏をどう見ていたのかといったところ)が入っているが、この点は、学者の方々でも見解が分かれるところなので、まあいいんじゃないでしょうか。

     実際、女性作者だからか、女心の機微の描写はうまいと感じさせるところが多々ある。

     物語は、源氏誕生から藤壺との出会い、元服。そして六畳御息所を篭絡させた上、ついに藤壺との密通へと。
     罪悪感の涙ながらに、源氏の愛撫を受ける藤壺の艶っぽさ、歓喜の様が生々しい。そもそも涙が罪悪感によるか、快楽によるか判り難いのがニクいところ。

全167件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年札幌市生まれ。66年に『どろぼう天使』で「週刊少女フレンド」よりデビュー。    77年『はいからさんが通る』で第1回講談社漫画賞少女部門受賞。代表作に『あさきゆめみし』『N.Y.小町』『ヨコハマ物語』ほか。現在「BE・LOVE」にて『イシュタルの娘』を連載中。    2016年に画業50周年を迎えた。

「2018年 『小説 劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あさきゆめみし(1) (講談社漫画文庫)のその他の作品

大和和紀の作品

あさきゆめみし(1) (講談社漫画文庫)に関連する談話室の質問

あさきゆめみし(1) (講談社漫画文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする